2015/01/27ヨーロピアンツアー公式

空前のドバイ4勝目を狙うエルス

ドバイでのデビューを飾ったエルスは、翌年、24歳でベルンハルト・ランガー、フレッド・カプルス、そしてグレッグノーマンといった並みいる強豪を退けて優勝を飾り、世界の檜舞台へと歩を進めたのである。 その8
2015/01/15佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑141>スティーブン・ボーディッチ

。アダム・スコットとジェイソン・デイの間の世代だ。アマチュア時代から注目され、グレッグノーマン最後の出場となった2000年の「全豪オープン」では同組でプレーした経験がある。大きな期待を背負い、18歳
2014/12/03ヒーローワールドチャレンジ

4カ月ぶり復帰のウッズ 復活へ「まだ時間は残されている」

理由のひとつ。トム(ワトソン)だって全英オープン(2009年)で、59歳で勝ちそうになった。グレッグノーマン)も54歳で全英-を引っ張った。僕はまだ40歳にすらなっていない。少なくとも来年まではね(笑)。だからまだ、時間は…
2014/11/12三井住友VISA太平洋マスターズ

世界一の大砲 バッバ・ワトソンが御殿場にやってきた

グレッグノーマンにリー・ウェストウッドといった世界的名選手が歴代チャンピオンとなってきた伝統のトーナメント。そこに名を刻む準備は万端整えた。(静岡県御殿場市/桂川洋一)
2014/11/09PGAコラム

「OHLクラシックatマヤコバ」アラカルト

: OHLクラシックatマヤコバ コース: エル・カマレオンGC(6987ヤード、パー71)。2004年にグレッグノーマンが設計したコースで、通称“ザ・カメレオン”。熱帯林のジャングル、マングローブ
2014/10/21ヨーロピアンツアー公式

メジャー王者の3人がパースに集結

・クラシック)、ルーカス・パーソンズ(2000年のグレッグノーマン・ホールデン・インターナショナル)、アーロン・バデリー(2001年のグレッグノーマン・ホールデン・インターナショナル及…
2014/10/09PGAコラム

2014-15シーズン開幕前に押さえておきたい9つのポイント

SportsでもPGAツアー大会が放送される。チャンバーズベイでの「全米オープン」特別番組を担当するのは、ジョー・バックとグレッグノーマンの2人で、昨年の6月にはトライアルとしてパインハーストでの大会
2014/10/02PGAコラム

成熟度と安定感 マキロイが年間最優秀選手賞

。 マキロイは年間最優秀選手賞を2回以上受けた4人目の選手(ほかはウッズ、グレッグノーマン、ニック・プライス)となり、欧州の選手としては、アイルランドのパドレイグ・ハリントン(2008年
2014/09/19PGAコラム

A・スコットがS・ウィリアムスとのキャディ契約解消を発表

仲間。彼の献身性、それにプロフェッショナリズムは完璧で、彼との友人関係は非常に大切なもの」と語った。 ウィリアムスはこれまでグレッグノーマン、レイモンド・フロイドのキャディも務め、タイガー・ウッズが
2014/08/14PGAコラム

29年目の大ベテランD.ラブIII「昔と今は別世界」

高校生プレーヤーを紹介するなど大幅な枠が設けられている。 「素晴らしいことだよ。グレッグノーマン、フレッド・カプルス、ジョン・デーリー、それに現代のスーパースターであるタイガー・ウッズやロリー
2014/05/12GDOEYE

大舞台ごとに増していく「20歳」の存在感

なった。 今回も最終日に伸ばしきれずに敗れたという点では、まだまだ成長の余地を残す現状を露呈した形だが、並の20歳ではないと改めて証明するには十分だ。今大会では、1994年のグレッグノーマン以来20
2014/05/10PGAコラム

スピース、1打差で首位のカイマーを追う

、1994年大会で1ボギーだけだったグレッグノーマン。彼は同大会で優勝した。 「今は自分の戦いぶりに満足している」と、スピース。「でもまだ折り返し地点。後半もこれまでのようにプレーできれば、素晴らしい
2014/05/08PGAコラム

ウッズからナンバー1の座を奪える可能性を秘めた4選手

は、家でじっと待って世界ナンバー1の座を勝ち取るよりずっと価値のあることなんだ」とスコット。 スコットは今年、彼の師であるグレッグノーマンに肩を並べる機会が何度かあった。彼は世界1位になった唯一の
2014/05/05PGAコラム

「ザ・プレーヤーズ選手権」アラカルト

ため、フェデックスカップのポイントランキング上位から選出されていく。 72ホールの記録: 264ストローク(グレッグノーマン、1994年)。 18ホールの記録: 63ストローク(フレッド・カプルス
2014/04/23佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 116>マット・クーチャー

、その中でチャンスをモノにしていくのが彼のスタイルなのだ。「マスターズ」での奮闘も、6月の「全米オープン」に生かし悲願のメジャー制覇につなげるかもしれない。 ■ボビー・ジョーンズ、グレッグノーマン
2014/04/20GDOEYE

灯台だけではない ハーバータウンとヘリテージの歴史

グレッグノーマン、ヘイル・アーウィン、ファジー・ゼラー、ニック・ファルドといった豪華な面々が優勝者に名前を連ねる。飛距離だけではなく、選手の総合力が問われるコースと言えるだろう。 大会創設時から使わ