2022/01/12PGAツアーオリジナル

キャメロン・スミスが投入した4本の新ボーケイウェッジ

ボブ・ボーケイの最新ウェッジがデビュー戦を勝利で飾った。キャメロンスミスは、記録破りの優勝を果たした「セントリー トーナメント・オブ・チャンピオンズ」で4本の新しいSM9ウェッジをバッグに入れて…
2022/01/11進藤大典ヤーデージブック

“グリーンブック”禁止 未知のコースこそ腕の見せどころ?

! PGAツアーは、今年もハワイ州マウイ島で行われる「セントリートーナメントofチャンピオンズ」からスタート。キャメロンスミス(オーストラリア)が世界ランキング1位ジョン・ラーム(スペイン)とのがっぷり四つ
2022/01/11PGAツアーオリジナル

ボーケイ新作「SM9」投入 キャメロン・スミスの優勝ギア

◇米国男子◇セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ 最終日(9日)◇プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)◇7596yd(パー73) キャメロンスミス(オーストラリア)が初日から首位
2022/01/11セントリートーナメントofチャンピオンズ

33アンダーでも「驚かない」 世界No.1のラームが考える記録と敗因

ヒュンダイトーナメントオブチャンピオンズ)、ダスティン・ジョンソン(2020年ザ・ノーザントラスト/30アンダー)の3人。カパルア以外で到達したのはジョンソンのみだった。 優勝したキャメロンスミス、2位のラーム、3位のマット
2022/01/10セントリートーナメントofチャンピオンズ

史上6人目のハワイ制覇 キャメロン・スミスが世界1位を打破

◇米国男子◇セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ 最終日(9日)◇プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)◇7596yd(パー73) 初日から首位をキープしていたキャメロンスミス
2022/01/10セントリートーナメントofチャンピオンズ

スミスが34アンダーでラーム振り切る 松山英樹は13位

の2022年初戦は、キャメロンスミス(オーストラリア)が世界ランキング1位ジョン・ラーム(スペイン)とのデッドヒートを制した。初日から首位を守る完全優勝で21年「チューリッヒクラシック」以来となる
2022/01/09セントリートーナメントofチャンピオンズ

ラームとスミスがバチバチの首位争い 刺客は2020年覇者か

あるが、今年は一味違う。 首位で最終日を迎えるのは通算26アンダーをマークしたキャメロンスミス(オーストラリア)と世界ランキング1位のジョン・ラーム(スペイン)。ともに54ホール終えて193…
2022/01/09セントリートーナメントofチャンピオンズ

松山英樹は8位で最終日へ 優勝争いはラームとスミスの一騎打ち

キャメロンスミスと世界ランキング1位のジョン・ラーム(スペイン)のマッチプレーの様相を呈してきた。 3打差2位で出たラームがコースレコード「61」をマーク。通算26アンダーとして、「64」のスミスをとらえ
2022/01/08セントリートーナメントofチャンピオンズ

松山英樹5位に浮上 キャメロン・スミスが首位キープ

◇米国男子◇セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ 2日目(7日)◇プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)◇7596yd(パー73) 単独首位で出たキャメロンスミス(オーストラリア
2022/01/08セントリートーナメントofチャンピオンズ

【速報】松山英樹は首位でホールアウト 「65」の猛チャージ

、2022年初めてのイーグルを奪取した。 6mを沈めた7番でさらに伸ばし、リーダーボードのトップに並んだ。グリーン左に外した8番(パー3)でボギーを喫したが、9番(パー5)で2オンしてバウンスバック。初日首位で最終組のキャメロンスミス(オーストラリア)が1番でボギーをたたいたため、単独首位に立った。
2022/01/07セントリートーナメントofチャンピオンズ

新年一発目は「69」 松山英樹が目指す“必死ではない4アンダー”

キャメロンスミスとは4打差。「状態を上げられれば、4アンダーくらいは簡単に出せると思うので、“必死ではない4アンダー”を目指したいと思います」。ザンダー・シャウフェレと回る第2ラウンドに向けて目標を掲げた。(ハワイ州カパルア/石井操)
2022/01/07セントリートーナメントofチャンピオンズ

松山英樹は4打差13位 世界1位ラームが好発進

2022年初戦が開幕。2イーグルをマークしたキャメロンスミス(オーストラリア)が2イーグル5バーディ、1ボギーの「65」で8アンダー単独首位発進を決めた。 昨季の年間王者パトリック・カントレー、世界
2022/01/07セントリートーナメントofチャンピオンズ

【速報】4連続バーディ奪取 松山英樹は2022年初ラウンド「69」

大会出場となる松山英樹は後半13番からの4連続を含む5バーディ、1ボギーの「69」でプレーし、4アンダーで発進した。ホールアウト時点で、首位に立つキャメロンスミス(オーストラリア)と4打差。 2オンし
2021/11/22ザ・RSMクラシック

テーラー・ゴーチが逃げ切りでツアー初優勝

19アンダー2位、セバスチャン・ムニョス(コロンビア)が18アンダー3位。 35位から出たタイラー・マッカンバーが自己最高の「60」をマークして、キャメロンスミス(オーストラリア)らと並んで通算15
2021/10/15ザ・CJカップ

「61」のストレブが首位発進 松山英樹は5打差7位

・ポールター(イングランド)、キャメロンスミス(オーストラリア)らと同じ6アンダー7位。首位とは5打差とまずまずのスタートを切った。 リッキー・ファウラー、ラスベガス在住で当地のメンバーであるコリン