2002/06/12

優勝者(C.スミス、F.ゼラー)のクラブ

◇クリス・スミス:PGAツアー「ビュイック・クラシック」優勝 ドライバー:ピンTi-Si Tec(7度) ウッド:ピンTi3(3&5)、アイアン:ミズノMP-33 アイアン:ミズノMP-33 パター
2002/06/10ビュイッククラシック

一進一退の攻防は、C.スミスの初優勝で幕を閉じた

米国男子ツアー「ビュイック・クラシック」の最終日は、結果のスコアだけ見ると落ち着いた展開に見えるが、混戦を誰が抜け出すのか、まったく分からない展開になった。3日目に首位に立ったC.スミスを中心に
2002/03/07

プロも困惑「ゴルフルール」の数々

「メモリアル」でスコット・ホークが自分のスタンスにかかる枝を身体で押さえつつスイングしたところ、「スタンス状況を改善した」として2ペナ。1987年の「ビュイック招待」でクレイグ・スタドラーが地べたに跪いて
2001/07/14グレーターミルウォーキーオープン

丸山茂樹が9アンダーで3位に浮上、チャンスだ!

5位タイからスタートしたC.スミスが、10アンダーでペリーに3打差につけている。 そして、9アンダーの3位には丸山茂樹が浮上してきた。初日1番、2番で連続バーディを奪った丸山だが、この日は2番でボギー