2020/01/15SMBCシンガポールオープン

ウッズ代理人もサポート ジャズの2020年誓い

65試合に出場。これを上回るのは世界ランク300位以内を見渡しても、米ツアーを主戦場にするイム・ソンジェ(韓国/69試合)しかいない。 そのタフさは世界からも注目され、昨年にタイガーウッズらをサポート
2020/01/14GDOEYE

多彩なショットとは 星野陸也が突き詰める道

中で、フェードの次のドローって難しいんです。プッシュする気しかしない。たとえば、タイガーウッズ)はすごいじゃないですか。(右も左も)どっちのピンも狙っていける。フェードの後にドローを打とうとしたら
2020/01/14世界ランキング

松山英樹21位 C.スミスは31位に浮上/男子世界ランク

ランクアップの21位となった。日本勢2番手は33位(3ランクダウン)の今平周吾。83位の石川遼(3ランクダウン)、109位の星野陸也(3ランクダウン)、134位の堀川未来夢(1ランクダウン)が続いた。 ランク1位のブルックス・ケプカ、7位のタイガーウッズらトップ10に変動はなかった。
2020/01/09ヨーロピアンツアー公式

ホブランと今平周吾のドバイデビューが決定

、過去にはセベ・バレステロス、アーニー・エルス、フレッド・カプルス、ロリー・マキロイ、コリン・モンゴメリー、そしてタイガーウッズといった名選手たちが大会を制している。
2020/01/06世界ランキング

ウッズが米国勢5番手に後退 松山英樹22位/世界ランキング

位となった。 前週6位のタイガーウッズは試合に出ず、「セントリートーナメント」を4位で終えたパトリック・カントレーと入れ替わって米国勢5番手の7位に後退した。6月22日時点のランキングで各国・地域
2019/12/31セントリートーナメントofチャンピオンズ

チャンピオン34人がハワイで新年の戦い

、ダスティン・ジョンソン、ジャスティン・トーマスといった米ツアーの顔役も、ハワイで新年をスタートする。 「マスターズ」を制したタイガーウッズは出場しない。米ツアーを主戦場とする松山英樹と小平智は、次週の「ソニーオープン」を新年の幕開けとする予定だ。
2019/12/27

GDO編集部が選ぶ 2019年ゴルフ10大ニュース(男子編)

タイガーウッズがオーガスタで歓喜する姿に、世界中のゴルフファンが酔いしれました。4月の「マスターズ」で11年ぶりにメジャー制覇を果たし、2005年以来となる5着目のグリーンジャケットを手に。各国
2019/12/26佐藤信人の視点~勝者と敗者~

地の利で感じたゴルフのポテンシャル

2019年最後の連載は、ことし一年で印象に残ったことを中心に、総括としてまとめてみたいと思います。 ことしはタイガーウッズ(米国)の「マスターズ」優勝から始まり、「全英オープン」では地元シェーン