2017/04/20パナソニックオープン

小平智が2打差2位発進 連覇狙う池田勇太は出遅れ

バーディ、1ボギーの「64」をマークし、7アンダーとして単独首位発進を決めた。 小平智がウドーン・ドゥアンデチャ(タイ)と並び2打差の5アンダー2位タイ。4アンダー4位タイに岩田寛、キムヒョンソン(韓国
2016/07/08日本プロ選手権 日清カップ

復帰初戦は予選落ち…気になる石川遼の新スイング飛距離

あるけど、良い方向に向かっている」感触を得た。懸念のひとつだったはずの試合での飛距離も「明らかに飛んでいない、ということはない」とポジティブな評価だ。 実際、同組で回ったキムヒョンソン(韓国
2016/12/01ゴルフ日本シリーズJTカップ

谷原秀人が逆転賞金王へ首位T発進 石川遼は5打差16位

、ボギーなしの「65」でプレーして5アンダーとし、武藤俊憲と首位タイで並ぶ好スタートを切った。 4アンダーの3位にキムヒョンソン、パク・サンヒョンら韓国勢2人と、藤本佳則、小平智の4人が続いた。現在
2016/12/02ゴルフ日本シリーズJTカップ

逆転賞金王へ谷原秀人は2差4位 石川遼は14位

、ボギー無しの「65」でプレーして、通算9アンダー単独首位でトーナメントを折り返した。 通算8アンダー2位に最年少メジャー3勝目に挑む小平智、キムヒョンソン(韓国)の2人。逆転賞金王を狙う賞金ランク2位
2016/07/05日本プロ選手権 日清カップ

腰痛から5カ月ぶり復帰 石川遼の新イメージ

。 予選ラウンドは昨年覇者のアダム・ブランド(オーストラリア)、2013年覇者のキムヒョンソン(韓国)と同組となった。「4日間やりたいですね」。簡単でないことは誰よりも石川本人がわかっている。完全復活へ向け、まずは予選通過を目指す。(北海道安平町/林洋平)
2016/09/27トップ杯東海C

名門・三好CCでの伝統の戦い リオ五輪代表が好相性

大会は混戦の最終日をキムヒョンソン(韓国)が勝ち抜いた。3日目を終えて首位タイに池田勇太、1打差の3位タイに片山晋呉や石川遼の名が並んだ。キムは2打差の6位タイから出て「66」をマークすると、通算12
2017/01/10ソニーオープンinハワイ

松山英樹が2年ぶりにエントリー 日本勢は6人出場

◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 事前情報◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70) ハワイ連戦の2試合目。前週「SBSトーナメントofチャンピオンズ」が行われ...
2016/09/15ANAオープン

石川遼が大会連覇へ単独首位発進 9バーディ量産

2試合でも、「RIZAP KBCオーガスタ」で首位タイ、「フジサンケイクラシック」で2位といずれも初日から上位につけていた。 熊本出身の重永亜斗夢、韓国勢のキムスンヒョグキムヒョンソン、パク・サンヒョンが8アンダーの2位タイで続いた。池田勇太が7アンダーの6位とした。
2016/09/15ANAオープン

【速報】大会連覇狙う石川遼はパーでスタート

。 ホールアウトした選手の中では、重永亜斗夢、キムヒョンソン、パク・サンヒョンが「64」でプレーし、8アンダーとしてトップに立っている。 正午時点の天候は曇り。気温22.9度で、風はほぼ吹いていない。
2016/09/30トップ杯東海C

片岡大育、池田勇太が首位で週末へ 谷原秀人1打差追う

寛が、通算7アンダーの4位で続いた。 首位タイから出た香妻陣一朗、川村昌弘、小池一平、プラヤド・マークセン(タイ)ら9人が通算5アンダーの5位に並んだ。 昨年覇者のキムヒョンソン(韓国)は通算3アンダーの19位としている。
2016/09/18ANAオープン

石川遼は2打届かず3位 B.ジョーンズが3季ぶりの勝利

連覇を逃した。次戦は1カ月後の「日本オープン」(10月13日~/埼玉県・狭山GC)に出場する。 通算15アンダーの4位に今平周吾。通算14アンダーの5位にソン・ヨンハン(韓国)。さらに1打差の6位タイに、重永亜斗夢、片岡大育、キムヒョンソンが(韓国)が続いた。
2016/09/16ANAオープン

石川遼が単独首位で25歳誕生日へ 後続に1打差

亜斗夢、ウォンジョン・リー(オーストラリア)、キムヒョンソン、イ・キョンフン(いずれも韓国)の6人が続いた。 賞金ランクトップを走る谷原秀人は通算6アンダーの16位。リオデジャネイロ五輪でヘッドコーチを務めた今季2試合目の丸山茂樹は、通算5オーバーで予選落ちに終わった。
2016/11/27カシオワールドオープン

最終戦の出場30選手が決定 藤田寛之は2年ぶりの切符

、朴ジュンウォン、石川遼、稲森佑貴、小池一平、パク・サンヒョン、塚田陽亮、藤田寛之、キムヒョンソン、チョ・ミンギュ、セン世昌、チョ・ビョンミン、時松隆光、呉阿順 ■出場資格 (1)前年大会優勝者 (2
2016/11/23カシオワールドオープン

稲森佑貴のFWキープ率がすごい!記録更新に迫る

鴻樹 68.21% 2008年/白佳和 64.19% 2009年/亨成 66.11% 2010年/井戸木鴻樹 66. 48% 2011年/井戸木鴻樹 68.67% 2012年/河野祐輝 65.97% 2013年/川村昌弘 63.75% 2014年/時松隆光 69.00% 2015年/稲森佑貴 69.61%