最近のニュース 新着一覧≫


2007/08/02独占インタビュー

上田桃子 周りの人に支えられて、世界に羽ばたきたい

インタビューを試みた。 「上田桃子 ―進化する―」 ツアーフル参戦2年目の今年、地元熊本で行われた「ライフカードレディス」で初優勝を飾り、「リゾートトラストレディス」「スタンレーレディス」と早くも
2007/09/28独占インタビュー

横田真一 選手会長がシード落ち・・・その屈辱を跳ね除け復活を狙う横田に迫る!

1997年9月、プロ入り3年目のシーズンを迎えた横田真一が、札幌ゴルフゴルフ倶楽部輪厚コースでの「全日空オープン」で、2万人を超える大観衆の声援を受けツアー初優勝。あれから10年・・・。思い出の地、輪厚コースをラウンドしながら、昨年経験したシード落ちのことなど…
2008/07/28独占インタビュー

櫻井有希 世界を旅する19歳 欧州ツアー武者修行

オーストラリアで初賞金「たった、これだけ!?」 国内ツアーが束の間のシーズンオフに入った今年1月、櫻井有希は南半球のオーストラリアに居た。場所はメルボルンにあるキングストンヒースGC。「オーストラリアンオープン」のマンデートーナメント(予選会)に落選し、ウェイ…
2007/10/25独占インタビュー

飯島茜 意気込んでも変らない。ライバルは自分です。

悪くなったときはビデオとドリル。道具を使って色々な動きの確認をします。 ―― 最初に、ゴルフとの出会いについて教えてください。 「初めて練習場に行ったのは、幼稚園の時です。小学5年になったら、週一回習い事のような感じで練習場に通うようになりました。でも、当時は…
2007/11/15独占インタビュー

諸見里しのぶ 「全米女子オープン」プロになって初めて勝ちたいと思いました。

「左打ちをやってみなよ」当たりもしなかったです… ―― 昨年は日米両ツアーのシード権を獲得し、日本ではプロ初優勝も挙げましたが、慣れない移動など苦労したことも多かったのではないですか? 「はい、大変でした(笑)。でも、プロの試合に出始めてからは毎年大変です。ど…
2012/01/19独占インタビュー

「自然にゴルフと出会って・・・」桒原えりかのナチュラルスタイル

Q.ゴルフを始めたきっかけを教えて下さい。 A.父の仕事の都合でイギリスで生活していましたが、8歳から11歳の時に転勤でフランスに移りました。両親はイギリスにいたころからゴルフをしていましたが、フランスに移ってからは近くにゴルフ場があったので、両親がプレーをし…
2007/09/20独占インタビュー

佐伯三貴 私がプロになろうと思った瞬間

佐伯はアマチュア時代には中国女子アマや全国高等学校ゴルフ選手権を制し、ナショナルチームメンバーにも選出された逸材。宮里や横峯らの1年年上で、ツアーデビューこそ遅かったものの、その実力は高い評価を得ている彼女の“原点”に迫った。 佐伯の少女時代はゴルフと共にあっ…
2007/11/08独占インタビュー

小田孔明 未知数の実力を秘めた、未完の大器

手嶋多一との出会い 小田のゴルフとの出会いは、小学校1年生のころに訪れた。当時クラブも握ったことがなかった小田は、手嶋多一の実家が経営する福岡県のゴルフ練習場にたまたま父親に連れられ、練習に打ち込む手島の姿を見た。「中学生くらいの多一さんを見て、それまでゴルフ…
2007/04/25独占インタビュー

田中秀道 米国から日本、そして…

ツアー10勝の実績を引っさげ、身長166センチの小柄な日本人プレーヤーが男子ゴルフ最高峰の舞台、PGAツアーに参戦した 2001年。以降、5年もの間シード権を保持し続けた田中秀道(36)は、6年の時を経て日本ツアーに本格参戦する。6年前に比べ、ツアーを取り巻く…
2007/03/29独占インタビュー

いざアメリカへ 新女王・大山志保が世界に挑む!

「Dream comes true」 6年に及ぶ長きにわたって女子ゴルフ界に君臨してきた女王・不動裕理に代わって、06年、遂に念願の賞金女王のタイトルを獲得した大山志保。昨シーズンは8月の月間3勝を含む年間5勝を挙げ、獲得賞金は女子選手としては史上初めて1.5…
2021/06/08全米女子オープン

「球がティから落ちて見えた…」序盤失速の真実/笹生優花独占インタビュー

「全米女子オープン」で初優勝を果たした笹生優花が、快挙から一夜明けた月曜日(現地時間7日)、GDOの取材に応じた。 「終わってその日はすごくうれしい気持ちでいっぱいだったけど、終わってみたら、終わっちゃったなっていう感じです。もう昨日の話だな、みたいな。自分の…
2021/06/10全米女子オープン

期待も国籍も越えて、ゴルフを好きなままでいたい/笹生優花独占インタビュー

19歳のチャンピオンは、食事中はわずかな会話に参加しただけで寡黙だった。だが、取材の段になると、自ら車まで走っていき、無造作に優勝カップを持ってきてくれた。本物のトロフィーで、しばらくは笹生本人が預かっていて良いのだという。 「でも、荷物になるからあす返そうと…
2020/11/29ツアー選手権リコーカップ

原英莉花「最後の力を振り絞った。緊張MAX」/優勝インタビュー

インタビューで「最後の力を振り絞った」と総括。今後に向けて「勝負強さを磨いていきたい」と強調した。 ―どんな思い きょうはずっと緊張しながらのプレーだった。優勝という形で締めくくれ、すごくうれしい ―最終日