ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

飯島茜 意気込んでも変らない。ライバルは自分です。

悪くなったときはビデオとドリル。道具を使って色々な動きの確認をします。

―― 最初に、ゴルフとの出会いについて教えてください。

「初めて練習場に行ったのは、幼稚園の時です。小学5年になったら、週一回習い事のような感じで練習場に通うようになりました。でも、当時は部活でバスケをやっていて、みんなとやっている方が楽しいので、その1時間の練習が苦痛でしたね」。

―― 本格的にやり出したのは?

「初めて試合に出たのは中1です。練習は週3回位でしたね。中2の時にレッドベター・カップという試合に出て、高校生もいる中でプレーオフに残って2位。それまでは『89』とか叩いていたのに、その試合は『75』で回れたんですよ!前の日にたくさん打ち込んだら、その結果がすぐ出てくれて。奇跡の一夜漬けでしたね(笑)」。

―― 中3の時は全国中学校選手権にも勝っていますね。

「その試合(レッドベター・カップ)を見てくれていた人が、群馬のレッドベター・アカデミーに特待生で呼んでくれたんです。みんなに、『そんなに恵まれる事はないんだから、行ってみたら』と言われたので、中3から行く事にしました。そこで初めて毎日のように練習をしましたね。中学校選手権では、当時から有名だった上原彩子ちゃんとプレーオフをして勝ったので、普通に嬉しかったです。いつもにない練習をやったら結果が出るんだ、やっただけは返ってくるんだなと思いましたね」。

―― アカデミーではどんな練習をしていたのですか?

「当時は朴セリが(レッドベターに)習っていて、そういう人と比較して、自分に無いことや良い部分を指摘されながら、これを直していこうって。ビデオを見ながら課題を貰うみたいな感じでした。ドリルもその頃からやっています。ただ打つだけじゃなくて、道具を使ってやるんです。悪くなった時にビデオを撮るのは原点ですね。良かった時のドリルをやって、そこに戻ったりもします」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!