ニュース

米国男子ザ・ホンダクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 ザ・ホンダクラシック
期間:03/01〜03/04 PGAナショナルGC(フロリダ州)

4人のプレーオフを制したのはM.ウィルソン! 悲願のツアー初勝利を飾る!

3月5日(日)に行われた米国男子ツアー第9戦「ザ・ホンダクラシック」最終日は、マーク・ウィルソンホセ・コセレス(アルゼンチン)、カミロ・ビジェガス(コロンビア)、ブー・ウィークリーの4人が5アンダーで並びプレーオフへ。1ホール目を全員がパーで終えた時点で日没サスペンデッドとなり、翌日6日(月)に再開された。

再開後のプレーオフ2ホール目は、10番のパー4が舞台。ここでウィルソンとコセレスが手堅くパーセーブすると、ウィークリーとビジェガスがボギーを叩き、ここで2人が脱落。ウィルソンとコセレスが3ホール目に進んだ。

続く3ホール目は17番のパー3。先にティショットを打ったコセレスはピン横約2.5メートルにつけると、ウィルソンも負けじとコセレスのすぐ後方にナイスオン。これを先に沈めたウィルソンがこのホールバーディとすると、続くコセレスのパットはカップに蹴られ、ついに決着がついた。1997年のプロ転向後、10年間クオリファイに挑み続けた苦労人のウィルソンが、下部ツアーを含めても初となる栄冠を手中に収めた。

ホール(PAR)/18H(5)/10H(4)/17H(3)
M.ウィルソン/5/4/2
J.コセレス/5/4/3
B.ウィークリー/5/5/-
C.ビジェガス/5/5/-

2007年3月5日

4人が首位に並びプレーオフに! 日没サスペンデットにより決着は翌日へ持ち越し!

フロリダ州にあるPGAナショナルGCで行なわれている、米国男子ツアー第9戦「ザ・ホンダクラシック」の最終日。通算5アンダーでマーク・ウィルソンホセ・コセレス(アルゼンチン)、カミロ・ビジェガス(コロンビア)、ブー・ウィークリーの4人が首位に並び、プレーオフへ突入。プレーオフ1ホール目は18番パー5で実施され、全員がパーで終えて脱落者なし。この時点で日没サスペンデットとなり、勝負の行方は翌日へ持ち越されることになった。

難コースを前に、最終日も上位陣のスコアは伸び悩んだ。単独首位からスタートしたウィルソンが、3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーでスコアを1つ落とす。さらに単独2位からスタートしたウィークリーは、最終ホールを6アンダー単独トップで迎えるも、沈めればツアー初制覇となる1メートルのパーパットを外して痛恨のボギー。そんな中、コセレスとビジェガスの2人がスコアを4つ伸ばして急浮上し、4人が首位に並んだ。

通算4アンダーの5位タイには、トリップ・アイセンアワー、ロバート・アレンビー(オーストラリア)、スティーブ・ストリッカーの3人。通算3アンダーの8位タイに、ブレット・ウェッタリックダニエル・チョプラ(スウェーデン)が入っている。

注目選手では、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)がスコアを1つ落とし、通算イーブンパーの13位タイ。ジム・フューリックもスコアを伸ばせず、通算3オーバーの31位タイで4日間の競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 ザ・ホンダクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。