ニュース

米国男子ザ・ホンダクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ザ・ホンダクラシック
期間:02/28〜03/03 場所:PGAナショナルGC(フロリダ州)

ザ・ホンダクラシック 初日レビュー

昨年1、2フィニッシュの“ビッグ2”は静かなスタート

力強いスイングで、カミロ・ビジェガスは「ザ・ホンダクラシック」で安定したラウンドを見せた。ここ1年以上のラウンドで、彼は自身最高のスタートを切ったのだ。

強気のプレーで知られるブランデン・グレース(南アフリカ)は、難所の多い“ベア・トラップ”3つ全てのホールでバーディを奪った。18番まで4連続バーディを奪い、リッキー・ファウラー、カナダのグラハム・デラート、ロバート・スターブと同じく通算「65」をマークした。

<< 下に続く >>

前回王者のロリー・マキロイ(北アイルランド)とタイガー・ウッズは初日をともに「70」とした。彼ら本来の実力からすると物足りない結果だ。ウッズは冷静にプレーした。ラウンド後半には、大崩れしそうな危険な目にもあった。裸足にレインパンツのいで立ちで、水に半分浸かったボールを打ったのだ。ドロップしてダブルボギーとする代わりに、そのホールは辛くもパーでしのぎ、通算「70」とした。

「遠くまで飛ばそうとするのではなく、確実にフェアウェイをキープできるアイアンを選択したよ」と、ウッズはピンチを振り返った。

初日を1アンダーとしていたマキロイは、105ヤードからのアイアンでグリーンをオーバーしてしまうシーンがあった。その後8フィートまで寄せたが、パットを外して痛恨のボギー。誰でもバーディが取れると揶揄されるPGAナショナルGCで最も易しいホールでのボギーは、かなりの痛手。「残りたった105ヤードからの第3打が原因で、結果的に6打も叩いてしまったよ。最後が良くなかったが、他はいい感じでラウンド出来たから、明日以降につなげたいね」と語った。

まだ初日ではあるが、ビジェガスにとって今の状態は、何もかもが“キャリア・ハイ”(キャリア最高の状態)といえる。プレーオフの末にフェデックスカップでの連勝(BMW選手権、ザ・ツアー選手権)を遂げ、世界ランキングで7位まで浮上してから4年。31歳の彼は、長いスランプに陥ってしまった。18ヶ月間もの間、勝利から遠ざかり、シード権を失い、それをQスクールで取り戻すこともできなかった。しかし今シーズンの彼は十分なスポンサー推薦を得ており、多くのツアーに参戦できる見込み。「ヒュマナ・チャレンジ」では振るわず、「ファーマーズ・インシュランスオープン」と「AT&Tペブルビーチナショナル・プロアマ」では予選落ちを喫したが…。

「いいプレーをすれば、おのずと結果はついてくる。予選を通過しようがしまいが、誰がなんと言おうと気にはしないさ。楽しいことばかりではないが、(プロゴルファーという)僕らの仕事は恵まれている。ツアーでの連戦の日々で、僕はようやく少し目覚めることができた。これはとってもいい刺激になったね。自分の立場はわかっているし、どれだけ出来るのかも、分かっているつもり。ひたすらベストを尽くして首位を狙いたいね」と、ビジェガスは話した。

トップのC.ビジェガスは好発進を復活への第一歩とできるか?
おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 ザ・ホンダクラシック




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!