ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全英オープン
期間:07/17〜07/20 ロイヤルバークデール(イングランド)

ノーマンの偉大なる挑戦を阻みP.ハリントンが全英2連覇!!

イングランドのロイヤルバークデールで開催されている、海外メジャー第3戦、第137回「全英オープン」の最終日。53歳のグレッグ・ノーマン(オーストラリア)が最年長優勝記録を果たすかが大きな見どころとなったが、そのノーマンを含め前半の9ホールは誰が優勝するか全く予想の付かない展開が続いた。

2位に2打差の2オーバーでスタートしたノーマンが、1番から3番まで連続ボギーを叩き5オーバーに後退。同じ最終組でラウンドしたパドレイグ・ハリントン(アイルランド)は、ノーマンとは対象的に6番まで堅実にパーセーブを繰り返し単独首位に浮上。ところが、7番で短いパーパットを外すと、9番まで3連続ボギー。前半9ホールを終えた時点ではノーマンが再び単独首位となった。

上位選手がスコアを崩す展開で、優勝争いに急浮上したのは地元イングランドのイアン・ポールターだった。8オーバーの9位タイからスタートしたポールターは、スタートで2連続ボギーを叩くが、9番、11番、そして難度の高い16番でバーディを奪い7オーバーフィニッシュ。この時点で首位タイまで浮上していた。

後半に入ると最終組の2人に再び新展開が待ち受けていた。10番でノーマンが再びボギーを叩いたのに対し、ハリントンはティショットを左サイドのラフに入れながらもパーをセーブ。ハリントンは続く11番もピンチを凌ぐと13番でこの日初めてもバーディを奪いガッツポーズを見せた。一方ノーマンは12番、13番と連続ボギーを叩き、ハリントンとは3打差がついてしまった。

13番で完全に勢いに乗ったハリントンは、15番パー5でもバーディを奪うと、17番パー5では2打目でピンそばにぴたりとつけイーグルを奪い、これでポールターとも4打差の3オーバー。最終18番はバーディフィニッシュとはならなかったが、2年連続で全英勝者としてクラレットジャグ(優勝トロフィー)を勝ち取った。

単独2位は7オーバーのポールター、通算9オーバーとなったノーマンは、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)と並び3位タイとなった。最終18番のグリーンへ向かうビクトリーロードでは、ハリントン、ノーマンは肩を並べて歩き、ホールを取り囲む数万人の大ギャラリーから健闘を称える拍手と声援に迎えられた。

通算10オーバーの5位タイには、粘り強いゴルフを見せたジム・フューリックと地元イングランドのアマチュア、クリス・ウッドが並んだ。また、アジア勢初のメジャー制覇を狙った韓国の崔京周は、スタートの1番でボギーを叩くと、4番からは5連続ボギー。最終18番ではOBも叩くおまけが付き、通算13オーバーの16位タイに終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。