ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹3打差4位 暫定首位のジェームズ・ハーンは“腕立て伏せ”

◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 2日目◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)◇7266yd(パー71)

大会2日目の観客動員数は、史上最多となる16万415人。喧噪と雑踏に包まれたTPCスコッツデールで暫定首位に立ったのは、この日(第2ラウンド)のベスト「65」(パー71)で回ったジェームズ・ハーン。日没のため4選手がホールアウトできなかったが、通算10アンダーとして混戦から頭一つ抜け出した。

3年前、スタジアムが取り囲む16番(パー3)で「江南(カンナム)スタイル」ダンスを披露したハーンだが、今年は初日に続き、2日目もグリーンに載せられなかった。そこでハーンが取った行動は、ティグラウンドでの腕立て伏せ10回。ブーイングは歓声へと早変わりした。

通算9アンダーの暫定2位でホールアウトしたのは、世界ランク4位のリッキー・ファウラーと、昨年ツアー初優勝を飾ったダニー・リー(ニュージーランド)の2人。

第1ラウンドを首位タイで終えた松山英樹は「70」と1つスコアを伸ばし、通算7アンダーとした。ハリス・イングリッシュシェーン・ローリー(アイルランド)と並ぶ暫定4位に順位を下げたが、2年連続トップ5入りをしている大会で今年も上位争いに絡む。

石川遼は第2ラウンドで「77」とスコアを落とし、通算4オーバーで2戦連続の予選落ちが確定した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!