ニュース

米国男子キャリアビルダーチャレンジ クリントンファウンデーションの最新ゴルフニュースをお届け

ダフナーが混戦を一歩リード 岩田寛は2イーグルも97位

2016年 キャリアビルダーチャレンジ クリントンファウンデーション 2日目 岩田寛
岩田寛は97位へと順位を落とした【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 J.ダフナー -15 129
2 J.ラブマーク -14 130
3 A.ハドウィン -12 132
3 J.ゴア -12 132
3 A.ループ -12 132
3 A.ラヒリ -12 132
3 B.ハース -12 132
8 A.カブレラ -11 133
8 P.ミケルソン -11 133
8 M.トンプソン -11 133

スコア詳細を見る

◇米国男子◇キャリアビルダーチャレンジ クリントンファウンデーション 2日目◇PGAウェスト・スタジアムコースほか(カリフォルニア州)◇PGAウェスト・スタジアムコース(7113yd、パー72)、PGAウェスト・ニクラストーナメントコース(7159yd、パー72)、ラキンタCC(7060yd、パー72)

予選ラウンド3日間を3コースで争う大会2日目。4選手が首位タイで並ぶ混戦から頭ひとつ抜け出したのは、ジェイソン・ダフナー。スタジアムコースで「65」をマークし、通算15アンダーとした。

1打差の通算14アンダー2位にはジェイミー・ラブマークが続いた。首位タイからスタートしたインドのアニルバン・ラヒリは二クラストーナメントコースを「68」でプレーし、通算12アンダーで3位に後退し、前年覇者のビル・ハースら4選手と並んだ。

自身の2016年初戦となったフィル・ミケルソンは二クラストーナメントコースで「65」をマーク。4連続を含む8バーディを量産し、通算11アンダー8位につけた。

ラキンタCCでプレーした岩田寛は2イーグル、2バーディ、3ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しい内容で「71」とし、通算3アンダーの97位で3日目を迎える。


特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~