ニュース

国内男子アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

「いつも自分との戦い」完璧主義者・岩田寛が単独首位

2018/09/21 20:39


◇国内男子&アジアンツアー共催◇アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 2日目(21日)◇武蔵カントリークラブ・笹井コース(埼玉)◇7060yd(パー71)

岩田寛が3バーディ、1ボギーの「69」で回って通算8アンダー。昨年「フジサンケイクラシック」第2ラウンド以来の単独首位に立った。

完璧主義者ゆえに苦しむことは多い。岩田は気持ちの切り替えが「人一倍下手」という。ミスに苛立つことも多い。ただこの日はボギーとした前半14番の後に3連続バーディと巻き返した。「最近はミスが出ると止まらなくなる感じだったけど、きょうはわけのわからないミスではなかった。自然と引きずらなかった。そこは今までと違う」。

賞金ランキングは91位。練習場でもショットの状態に気持ちを落とすことが多い。先輩プロたちから「そんなに悪くない」と励まされても、「その人たちは、たまたま僕が良い球を打ったときに見ているんですよ」と信じ切れずにいる。現在のスイングの完成度を問われると「わからない。完成…、完成はないと思う」と言った。「自分で自分をコントロールできないので難しいです。いつも自分との戦いです」。

ネガティブなエピソードも出る岩田だが、笑いもよく起きる。予選は13歳のアマチュア・馬乗文(マ・ジョウブン/中国)と同組だった。偶然、練習ラウンドをともにし「13歳なのでカワイイなと思って見ていました」とポツリとつぶやくように話す。その後、ナイスショットと声をかけても返答がなかったと明かし、「たぶん、互いに人見知りなんで」と笑いを誘った。

2015年に米ツアーへの挑戦権を手にし、昨年出場権を失った。欧州ツアーとの連携を深めるアジアンツアーとの共同主管競技である今週に優勝すると再び世界への扉が開く。意識はするか、と聞かれ「する」と即答し、「んー、するけど、まだ終わってないので。賞金ランクも。一つ一つやるしかないから。準備するしかないので」とゆっくりと続けた。雨脚の強まった午後組がプレーを続ける中、一人練習グリーンで球を転がした。(埼玉県狭山市/林洋平)

関連リンク

2018年 アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~