ニュース

国内男子アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

キレそうでキレない岩田寛「ぼくは幸せ者です」

2018/09/23 19:25


◇国内男子&アジアンツアー共催◇アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 最終日(23日)◇武蔵カントリークラブ・笹井コース(埼玉)◇7060yd(パー71)

首位を4打差で追った岩田寛は「71」でプレーし、通算8アンダーの単独3位になった。粘り強く4日間オーバーパーなしで終えた。1155万円を加算した賞金ランキングは91位から29位(約1654万円)に浮上した。昨年実績でシードを確保できる金額を上回った。

ショットの調子も良く、序盤はスコアを伸ばし優勝した池田勇太との4打差をキープした。「途中はもしかしたらと思ったんですけど」と期待感もあったが、前半8番に短いパーパットを外してボギーをたたいた。「もう厳しいなと思った。4日間パターが悪かった」

「そこからは耐えるのに必死だった」とパーを拾った。1オン可能な後半15番は1Wを握り「良い感じのところにいったと思った」。ただボールは、狭いカート道を跳ねてクリークの中に落ちていった。ドロップ後の3打目を乗せられず、ダブルボギーを喫し「本当にキレそうになった」と一度は怒りの感情が出そうになった。

ただ“キレそう”になったときに「お世話になっている人の顔を思い出すんです」とポツリ。LINEで「キレるなよ」と送ってくれる人たちがいるといい、「ぼくはこの年になっても、何回も人に怒られる。幸せ者です」と言った。

気持ちを切らさず臨んだ最終18番は、2mにつけてバーディ締め。5選手と並ぶ順位から抜け出し、獲得賞金額は跳ね上がった。「最後は良いパットができました。それにビックリしましたね。いつも上にいくときはパターが入る。でも今回は違った。なんか新しい自分を発見できた感じ」と話した。

ミスや理想的なショットを放てずに悩むことも多い。「(この大会が)きっかけにはなると思う。とりあえずキレなかった4日間というのは、覚えていないくらい久々なんですよ。精神的に成長できた一週間」という。その数秒後には「またすぐ元に戻るんで…」とつぶやくように言ったが、「まあ、またあすから頑張ります」と前向きな言葉で締めた。(埼玉県狭山市/林洋平)

関連リンク

2018年 アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~