ニュース

国内男子アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

エースで踏みとどまった優勝争い 岩田寛がバンザイ

2018/09/22 18:40


◇国内男子&アジアンツアー共催◇アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 3日目(22日)◇武蔵カントリークラブ・笹井コース(埼玉)◇7060yd(パー71)

岩田寛が1バーディ2ボギーで迎えた前半9番(パー3/212yd)で、「人生10回目」のホールインワンを達成した。アゲンストの中、4Iで振りぬくも当たりは薄く、イメージよりも低弾道の打球にティグラウンド上で落胆したという。「奥にこぼれたと思った」が、手前4mに着弾したボールはカップに吸い込まれ歓声が起こった。思わず両手を挙げ、同組の池田勇太らとハイタッチを交わした。

グリーンに到着し、カップから拾い上げたボールはギャラリーの方へ投げた。「ぼくが持っていても誰も喜ばないので」と自虐的に話す。アルバトロスの経験もある岩田だが、「ミスが決まったのは初めて」。“まさか”の1打に「そりゃ嬉しいですよ」とご満悦だ。

序盤から「パターも決まってくれなくて、きつかった」と2ボギーを先行させ、池田に首位を譲った。だが、3日間で最もショットの感触が悪い中で「71」と落とさなかった。単独首位から通算8アンダーの3位タイに後退したが、首位とは4打差と優勝争いに踏みとどまり、2015年「長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ」以来のツアー通算3勝目に望みを残した。

最終18番で2打目をグリーン奥にこぼしボギーにしたが「悪いなりに、オーバーにしなかったので」と前を向いた。「あす回ってみて、上がりの何ホールかで」と池田を追う最終日を見据えた。(埼玉県狭山市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。