ニュース

米国男子ウィンダム選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2015年 ウィンダム選手権
期間:08/20〜08/23 セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)

51歳のラブIIIが逆転V ウッズ10位、石川遼は滑り込みでプレーオフへ

◇米国男子◇ウィンダム選手権 最終日◇セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)◇7127yd(パー70)

首位と4打差の11位から出たデービス・ラブIIIが2イーグル、4バーディ、2ボギーの「64」でプレーし、通算17アンダーで逆転優勝。ノースカロライナ州出身の51歳が地元大会で1992年、2006年に続く3勝目を手にし、08年11月「チルドレンズ ミラクル ネットワーク クラシック」以来となるツアー通算21勝目を飾った。

通算16アンダーの2位に、単独首位から出て2打差のリードを守りきれなかったジェイソン・ゴア。通算15アンダーの3位にスコット・ブラウンシャール・シュワルツェル(南アフリカ)、ポール・ケーシー(イングランド)が続いた。

2打差を追ったタイガー・ウッズは後半11番でトリプルボギーを叩くなど「70」と伸び悩み、通算13アンダーの10位。2013年「WGCブリヂストンインビテーショナル」以来となるツアー通算80勝目はならなかった。

47位から出た石川遼は1イーグル、4バーディ、2ボギーの「66」と伸ばし、通算9アンダーの31位で4日間を終了。130位だったフェデックスランクを124位に上げ、同125位以上が条件だった来季シード権、次週からのプレーオフ進出を滑り込みで決めた。

関連リンク

2015年 ウィンダム選手権




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~