ニュース

米国男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

フューリックが首位快走 松山英樹&小田孔明は後退

◇世界ゴルフ選手権◇WGCブリヂストンインビテーショナル 2日目◇ファイヤーストーンCC(オハイオ州)◇7400yd(パー70)

硬く引き締まったグリーンに四苦八苦する選手が続出する中、4アンダー2位タイからスタートしたジム・フューリックが連日の「66」をマークし通算8アンダーの単独首位に浮上した。「きのうよりもショットが良くなって、マネジメントもうまくできた。自信を持ってプレーしたい」。この大会は過去に2位が2回。後続に4打差をつけてトーナメントを折り返した。

通算4アンダーの2位にはシェーン・ローリー(アイルランド)のほか、2サムの同組でプレーしたバッバ・ワトソンダスティン・ジョンソン。3アンダー5位にグレーム・マクドウェル(北アイルランド)、ダニー・リー(ニュージーランド)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)の3人が並んだ。

今季メジャー2勝のジョーダン・スピースは通算2アンダーの8位タイ。7月の「全英オープン」を制したザック・ジョンソンはイーブンパーの20位タイで週末に入る。

日本勢は1アンダーの14位タイから出た松山英樹が1バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの「75」とスコアを落とし、通算4オーバーの49位タイに後退。2アンダーの6位タイから出た小田孔明は2バーディ、7ボギー、1ダブルボギーの「77」と崩れ、通算5オーバーの56位タイと大きく順位を下げた。

今大会は毎年、予選落ちが設定されておらず、今年は出場している全77人が4日間をプレーする。

関連リンク

2015年 WGCブリヂストンインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~