ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

マスターズ
期間:04/09~04/12  場所: オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

21歳スピースが最少スコアタイで完全優勝 松山英樹5位

2015年 マスターズ 最終日 ジョーダン・スピース、バッバ・ワトソン
昨年覇者のB.ワトソンからグリーンジャケットを送られたJ.スピース。ウッズに次ぐ史上2番目(21歳8カ月)の若さで優勝を飾った(Ezra Shaw/Getty Images)【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 J.スピース -18 270
2 J.ローズ -14 274
2 P.ミケルソン -14 274
4 R.マキロイ -12 276
5 松山英樹 -11 277
6 D.ジョンソン -9 279
6 P.ケーシー -9 279
6 I.ポールター -9 279
9 C.ホフマン -8 280
9 Z.ジョンソン -8 280

スコア詳細を見る

◇海外メジャー第1戦◇マスターズ 最終日◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7435ヤード(パー72)

4打差の首位からスタートしたジョーダン・スピースが6バーディ、4ボギーの「70」で回り、通算18アンダーとしてマスターズ初優勝、メジャー初制覇を、初日からの首位を守りきる完全優勝で遂げた。

18アンダーは、タイガー・ウッズが1997年にマークした大会最少スコアと並ぶ。21歳8カ月でのマスターズ制覇は、21歳3カ月のウッズに次ぐ史上2番目の若さとなる。

完全優勝は、76年のレイモンド・フロイドに次ぎ5人目となった。

前半は1つしかスコアを伸ばせなかったが、バックナインに入り3つのバーディを重ねるなどした。

2位スタートのジャスティン・ローズ(イングランド)は2ストローク縮めて通算14アンダーとしたが、差を詰めることはできず、フィル・ミケルソンと並んで2位で終えた。ロリー・マキロイ(北アイルランド)が通算12アンダーの4位で続いた。

松山英樹は1イーグル、4バーディ、ノーボギーの「66」をマークし、通算11アンダーとして、5位に入った。伊澤利光片山晋呉がマークしたマスターズでの日本勢のベストスコアを1打更新した。

日本勢の最高順位は2001年の伊澤、09年の片山の4位となっている。

タイガー・ウッズは1イーグル、2バーディ、5ボギーとスコアを落とし、通算5アンダーの17位で大会を終えた。


特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
世界一の称号を争う「全英オープン2018」7月19日いよいよ開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~