ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

バッバとM.ジョーンズが暫定首位 松山5位浮上、石川は予選落ち確定的

◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 2日目◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)◇7,216ヤード(パー71)

第1ラウンド未消化分に引き続き行われた第2ラウンドも、4名を残して連日の日没サスペンデッドに。その中で、首位タイから「66」で回ったバッバ・ワトソンがその座をキープし、5つ伸ばして3位タイから浮上してきたツアー未勝利のマット・ジョーンズと、暫定ながら通算12アンダーで首位を分け合った。

首位に2打差の10位タイから出た松山英樹は、前半9番でグリーン手前からチップインバーディを決めるなど6バーディ、2ボギーの「67」でホールアウト。首位とは3打差に離されたが、通算9アンダーの暫定5位タイに浮上した。第1ラウンドを66位タイで終えた石川遼は、松山とは対照的に前半から苦しい展開。序盤12番(パー3)のトリプルボギーのほか、7ボギーを叩く乱調で「78」と崩れ、通算7オーバーの暫定127位で今季2度目の予選落ちが確定的となった。

上位では、通算10アンダーの暫定3位タイにハリス・イングリッシュグレッグ・チャルマース(オーストラリア)。ブラント・スネデカーがこの日のベストスコア「64」をマークし、通算8アンダー暫定8位タイへのジャンプアップを遂げた。

首位タイから出たY.E.ヤン(韓国)は2つ落とし、通算5アンダーの暫定15位に後退。また、大会連覇を狙うフィル・ミケルソンは4バーディ、ノーボギーの「67」と伸ばし、通算4アンダーの暫定27位タイに急浮上。決勝ラウンド進出を確実にした。

第2ラウンドの未消化分は、明日3日目の午前7時45分から再開予定。予選カット後、引き続き第3ラウンドが実施される。

関連リンク

2014年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~