ニュース

米国男子メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 メモリアルトーナメント
期間:05/29〜06/01 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

絶好調K.ペリーが首位浮上!タイガーは5打差の7位に後退

米国男子ツアーの準メジャー「メモリアルトーナメント」は2日目に入り、大本命のタイガー・ウッズが伸び悩み、混戦状態に突入してきた。

首位に立ったのは、先週4日間で19アンダーを記録して優勝を果たしたケニー・ペリーだ。初日に7アンダーでラウンドしたペリーは、2日目に入っても、好調を維持。4バーディ、ノーボギーという内容で11アンダーまで伸ばしている。

<< 下に続く >>

1打差の2位につけているのはレティーフ・グーセンリー・ジャンセンのメジャーチャンピオンだ。2人はそろって2日間5アンダーずつマークし、着実にスコアを伸ばしている。2週間後に控えた全米オープンに向けても上々仕上がり具合という感じだ。

首位とは3ストローク離れてビジェイ・シンも優勝争いにしがみついている。先週はアニカ・ソレンスタムの米ツアー出場で、自身のコメントが元になりメディアだけでなく、一般ゴルフファンからもバッシングを浴びせられたシンだが、今はとにかくゴルフに集中ができているようだ。

そして本命のタイガーだが、4番でボギーを先行すると8番パー3ではダブルボギーを叩き前半を2オーバーで折り返した。後半は10、14番バーディの後15番パー5でイーグルを奪ったが、最終ホールはボギーになってしまい1つしか伸ばすことができなかった。通算6アンダーの7位に後退してしまった。首位とは5打差と開いたが、残り2日間でどこまで追い上げてくるか注目したい。

初日好スタートを切った日本勢は、田中秀道がイーブンパーでラウンドし、2アンダーをキープした。順位は26位から30位に下がったが、決勝ラウンドでも上位に食い込めそうだ。一方、昨年4位に入る活躍を見せた丸山茂樹は、バーディを奪えずボギーが3つ。初日の貯金を使い果たしイーブンパーの43位に後退してしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!