ニュース

米国男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権
期間:02/26〜03/02 場所:ラコスタリゾート&スパ(カリフォルニア州)

ホワイトタイガー、順当に2回戦進出!

2003年世界ゴルフ選手権(WGC)第1戦「アクセンチュアマッチプレー選手権」が、カリフォルニア州カールズバッドにあるラコスタリゾート&スパで開幕した。参加64名が世界ランキングによって組み合わせが確定、ナンバー1のタイガー・ウッズは、スウェーデンのカール・ペターソンに最終ホールを残して2アンド1で勝利、2回戦にコマを進めた。

初日のタイガーは、白いキャップに白いウェアで登場し、スーパーショットは飛び出さず堅実なプレーが目立った。”マッチプレーに強いタイガー”全米アマチュア選手権は予選を勝ち上がると、マッチプレーで勝敗が争われ、決勝は36ホールマッチ。その頂点に3年連続で立ったことで、タイガーのマッチプレー強さは印象が強い。 しかし、このWGCマッチプレーでは過去3回出場し、まだ優勝はない。2000年には北アイルランドのダレン・クラークに決勝で敗れ、惜しくも2位にだった。

<< 下に続く >>

そして、世界のナンバー2で今最も勢いのあるアーニー・エルスは、ニュージーランドのフィル・タタランギと対戦。スタートの1番ホールで1アップしたタタランギが主導権を握った。終盤エルスが食らいつき、エキストラホールに進んだが、その2ホール目にエルスがギブアップ。今年の大会も1回戦から番狂わせが起きてしまった。

日本勢は丸山茂樹が、昨年2位になったスコット・マッキャロンに4アンド3で勝った。2番パー3で1歩リードされた丸山だが、続く3番パー5でオールスクエアに戻すと、6番で1アップリード。その後は1ホールも与えず15番ホールで決着をつけた。

また、伊沢利光はワールドランキング12位のクリス・ディマルコを相手に、1度もリードを与えず最終ホールを残して2アンド1で快勝した。ロッコ・メディエイトと対戦した片山晋呉は、一進一退の攻防を繰り広げたが、1ダウンで敗退してしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!