ニュース

米国男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

ウサギと亀?M.ウィルソンが飛ばし屋を下す

“ゴルフは飛距離を争うゲームではない”という言葉を実証したのは、「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」の3回戦でダスティン・ジョンソンを4アンド3で下したマーク・ウィルソンだ。

2回戦でフランチェスコ・モリナリ(イタリア)を7アンド5という大差で圧勝したジョンソンは、その勢いでウィルソンもなぎ倒すかと思われた。ドライバーの平均飛距離が306ヤードで、米ツアー中7位につけるジョンソンに対し、280ヤードで159位のウィルソン。今大会の会場となるリッツカールトンGCは標高が高いこともあり、この日はさらに飛距離の差が出ていた。

しかし、正確なショットでグリーンを捉えるウィルソンは、3番パー3でバーディを奪って先行すると、グリーン周りで苦戦するジョンソンがボギーをたたく間にパーを積み重ねてリードを広げていった。

15番で勝敗を決めたウィルソンは「まず言っておきたいのですが、周りは僕のことを『飛ばない、飛ばない』というけど、そんなに飛ばないほうではないよ。私の飛距離の話は、何度も同じ質問をされるが、答えは変わらないよ」と話し、周囲から笑いを取った。

「当然だけど、今日は2打目は私が先に打っていたよ。だいたい50ヤードは置いていかれたかな。でも、2打目を先に打つということは、アドバンテージにもなるんだよ。先に打ってピンに寄せれば、相手にプレッシャーをかけられるからね」と、ニヤリと笑った。(アリゾナ州マラナ/本橋英治)

関連リンク

2012年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~