ニュース

米国男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

べ・サンムン、マキロイ戦に意欲!

初出場の「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」で、3回戦を突破し、準々決勝進出を決めたベ・サンムン(韓国)。世界の強豪を次々と破るその姿は、マッチプレーに慣れているかと思えば「あまり得意ではないです」という回答が返ってきた。

韓国で賞金王になった年に、韓国ツアーでのマッチプレーに出場したベは、第1シードとして出場したため、1回戦の対戦相手はランキングで64位の選手だった。「ダメでした、1回戦で負けましたね。64位の選手に負けましたから、自分は65位ですね」と笑いをとる。

しかし、今大会は1回戦から3回戦まで全て世界ランキングで格上の選手を倒してきた。そして、4回戦(準々決勝)では同ランキング2位のロリー・マキロイ(北アイルランド)と対戦することになった。

「いよいよマキロイですね、楽しみですよ。今一番勢いがありますし、今大会で一番強い選手だと思っています」とラウンド直後で興奮状態のまま語りだした。マキロイの印象を聞くと「あー、勝ったことありますよ」と、さらりと答えた。

2009年の韓国オープンで、サンムンはマキロイと同組でラウンドし、サンムンが優勝を果たしたのだ。「でも、もう昔のことですから」と苦笑いのサンムン。1回戦よりも2回戦、さらに3回戦と気合いのこもったプレーが増えてきただけに、明日のマキロイ戦は、大差をつける勢いで挑む。(アリゾナ州マラナ/本橋英治)

関連リンク

2012年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~