ニュース

米国男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

タイガー自滅!元王者は2回戦で消える

1999年に始まった「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」で、2003年からラ・コスタリゾート(カリフォルニア)で2連覇を果たし、08年には現在開催されているリッツカールトンGCに隣接するザ・ギャラリーCCでも優勝を果たしているタイガー・ウッズ。その過去3勝のタイガーが、現在のコースでは3回出場して2回戦を突破できていない。09年が2回戦、11年は1回戦、そして今年も2回戦で敗退してしまった。

この日のラウンドを「今日はショットは良かった。でも、パッティングが全然だめだった」と振り返ったものの、ドライバーショットは左右に曲げ、アイアンショットでもグリーンを捉えられない場面が多く、決して良さそうには見えなかった。

しかし、本人の中では左右にブレるショットは許容範囲で、それ以上にパッティングが決まらずイラついていた。「左に引っ掛けるミスもあったけど、ここのグリーンには正直てこずったよ。周りに聞いたけど、みんな読みづらいと言っていたね」。過去3回出場しているが、タイガーにはこのグリーンは合わないのだろうか。

次週は「ザ・ホンダクラシック」出場を予定している。「明日からまた、いつもどおりの練習をするよ。次の木曜日に備えてね」と、次週に試合が始まる木曜日までの一週間をかけて調整を行うとコメントを残し会場を去った。(アリゾナ州マラナ/本橋英治)

関連リンク

2012年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~