ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

R.グーセン、A.バデリーが首位。丸山茂樹も2打差で追走中!

米国男子ツアー「ソニーオープンinハワイ」の2日目。初日に6アンダー首位タイのレティーフ・グーセンが、10アンダーまで伸ばし首位を守った。そして、遅い時間にスタートしたオーストラリアのアーロン・バデリーも、6ストローク伸ばし10アンダーでグーセンに並んだ。

首位と1打差には、2週連続優勝を狙うアーニー・エルスが浮上してきた。この日のエルスは2つのボギーを叩いたが、5ストローク伸ばした。先週ほどの安定感は見られないが、チャンスは確実に決めている。

注目の日本勢は、丸山茂樹が8アンダーまで伸ばし初日と変わらず6位。4バーディ、ノーボギーのラウンドで依然首位のグーセンとは2打差という位置だ。丸山に続くのは3アンダーからスタートした今野康晴。丸山とは対象的にバーディありボギーありの激しいラウンドだった。スコアを1つ伸ばしたが、順位は22位と少し落としてしまった。

初日1オーバーと出遅れた田中秀道は、スコアを2つ伸ばして1アンダー52位に浮上した。昨シーズンは後半にトップ10入りを2度果たすなど上り調子のゴルフは継続しているようだ。昨年この大会で17位に入ったが、さらに上位に入れるか注目だ。

そして、この試合がプロデビュー戦の宮里優作も1アンダーの52位で予選ラウンドを突破、賞金を手にすることが決まった。さらに、この試合が米国PGAツアーのデビュー戦となる貞方章男もイーブンパーの67位で辛くも予選を通過している。初日8番ホールまで全てパープレーを続けた貞方だが、この日は2バーディに4ボギー。出入りの激しいゴルフになったが、イーブンパーで耐えた。初の決勝ラウンドに進出する2人には、残り2日間ガンガン攻めてもらいたい。

その他の日本勢、横尾要、近藤智弘、桑原克典久保谷健一清田太一郎は残念ながら予選落ちとなってしまった。

関連リンク

2003年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~