ニュース

米国男子フライズ・ドットコム・オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 フライズ・ドットコム・オープン
期間:10/11〜10/14 場所:コルデバレーGC(カリフォルニア州)

N.オハーンが単独首位!今田は33位

◇米国男子◇フライズ・ドットコム・オープン初日◇コルデバレーGC(カリフォルニア州)◇7,368ヤード(パー71)

熾烈な賞金シード権争いが繰り広げられるフォールシリーズ第3戦「フライズ・ドットコム・オープン」が11日(木)に開幕。その初日、9アンダー「62」をマークしたニック・オハーン(オーストラリア)が単独首位の好スタートを切った。

<< 下に続く >>

インからスタートしたオハーンは13番で第2打をピン横30cmにつけてバーディ発進とすると、15番(パー5)では1.5mを沈め、前半に4つのバーディを奪って折り返した。後半に入っても安定したショットはピンを捕らえ、1番では30cm、3番では6m、4番では約14mのアプローチを直接カップインさせてスコアを伸ばし、ノーボギー、9バーディのラウンドで単独首位に立った。

首位と3打差6アンダーの2位タイにはジョナサン・ベガス(ベネズエラ)、ニコラス・コルサート(ベルギー)、デレク・アーンストの3選手、5アンダーの5位タイにはチャールズ・ハウエルIII、ジョン・マリンガー、ジョナス・ブリクスト(スウェーデン)、ゲーリー・ウッドランドグレッグ・オーウェン(イングランド)の5選手が続いている。

そのほか、日本の今田竜二は、ビジェイ・シン(フィジー)、カミロ・ビジェガス(コロンビア)らと並び、1アンダーの33位タイとまずまずのスタートを切っている。今季は予選落ちが続き苦しいシーズンとなった今田にとって、このフォールシリーズが来季シード獲得へのラストチャンス。残る2戦に望みを繋ぐためにも、1つでも上位フィニッシュを目指す。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 フライズ・ドットコム・オープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!