ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 マスターズ
期間:04/08〜04/11 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

タイガー14位で決勝ラウンドへ!日本の2人は無念!

2004年のメジャー初戦「マスターズ」は、初日が日没サスペンデッドになったため、2日目は早朝から選手たちがコースに姿を現した。そして、第2ラウンドに入ったが、天候が回復しフェアウェイは本来の硬さを取り戻し、オーガスタ攻略法を知る選手がスコアを伸ばし始めた。

首位は初日と変わらずジャスティン・ローズ(イングランド)。2日間で8つのバーディを奪ったローズは、11番ホールだけは2日続けてボギーを叩いた。しかし、その他のホールでは終始落ち着いたプレーで6アンダーまで伸ばしている。

<< 下に続く >>

2打差の2位にマスターズ2勝のホセ・マリア・オラサバル(スペイン)が浮上してきた。13番パー5でイーグルを奪ったオラサバルは、続く14、15番でもバーディを奪い勢いに乗った。オラサバルは、1994年、99年にマスターズを制覇。5年ぶりに優勝しているということは、今年2004年がその周期になる。同じく2位には、伊沢利光、ジャック・二クラスと同じ組でラウンドしたアレックス・チェイカ(ドイツ)も浮上。上位3人は欧州勢が名を連ねている。

さらに1打差の3アンダー4位は崔京周(韓国)とフィル・ミケルソン。2アンダー6位にはアーニー・エルス(南アフリカ)、チャールズ・ハウエルなど5人が並んだ。その6位グループに飛び込んできたのはベテランのフレッド・カプルスデービス・ラブIIIの2人だ。ラブはこの日のベストスコア「67」をマークし45位から浮上してきた。

初日、ドライバーのミスショットが目立ったタイガー・ウッズは、初日の残りラウンドで1つスコアを伸ばし第2ラウンドは3オーバー45位からのスタート。中盤2つのボギーを叩いたが、13、15番など確実にバーディを奪いイーブンパーの14位まで上がってきた。首位とは6打差、明日からの決勝ラウンドで一気にスコアを伸ばすか注目だ。

そして丸山茂樹、伊沢利光の日本勢だが、伊沢が4ストローク落とし8オーバー。初日10オーバーと苦しい展開になった丸山茂樹は、スコアを1つ伸ばし意地を見せ9オーバーフィニッシュ。1998年の大会以来6年ぶりに、決勝ラウンドで日本人選手が姿を見ることが出来なくなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!