ニュース

米国男子ベルサウスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ベルサウスクラシック
期間:04/01〜04/04 TPC at シュガーローフ(ジョージア州)

Z.ジョンソンが米ツアーわずか13戦目で初優勝

ジョージア州にあるTPC at シュガーローフで行われている、米国男子ツアー第13戦「ベルサウスクラシック」の最終日。2003年ネイションワイドツアー賞金ランキング1位の肩書きを引っさげて、今季から米国ツアーの出場権を得たザック・ジョンソン。2位以下に3打差のリードのまま迎えた最終日、これに待ったをかけるべく猛チャージを見せたのは2003年ネイションワイドツアー賞金ランキング7位の実績を持つマーク・ヘンズビーだった。

7アンダー首位と6打差からスタートしたヘンズビーは、前半で4つスコアを伸ばし猛チャージ。しかし後半はスコアを伸ばせず、最終18番ではイーグルパットを外すもバーディとして通算12アンダーで先にフィニッシュした。

一方、ジョンソンは前半4番でダブルボギーを叩くも、2つスコアを伸ばして逃げ切り態勢に入る。しかし後半はプレッシャーのためか15番で2つスコアを落とし13アンダー。ヘンズビーと1打差のまま最終18番に突入した。ジョンソンは、優勝のかかった1メートルのパーパットをねじ込み、米ツアーキャリア13戦目にして初優勝という快挙を成し遂げた。

そのほか来週のマスターズに出場予定の選手たちの成績は、最終日逆転優勝の期待がかかっていたパドレイク・ハリントンだったが、出だしから出入りの激しいゴルフとなり通算10アンダーの4位でフィニッシュ。フィル・ミケルソンは1つ伸ばして通算5アンダーの10位。昨年のマスターズチャンピオンであるマイク・ウィアは3オーバーの45位で競技を終えている。

今週初の予選突破となった日本の宮瀬博文は、この日スコア“80”の大乱調。通算10オーバーの70位でフィニッシュした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ベルサウスクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。