2016/06/01ヨーロピアンツアー公式

ヘンリック・ステンソン 地元での成功を胸に期す

逃し続けてきた大会だ。 ステンソンはこれまでこの大会で2位に2度入っている。初めは2004年大会で、このときはルーク・ドナルドの後塵を拝し、2度目の2005年はプレーオフの末に豪州のマークヘンズビー
2015/07/19バーバゾル選手権

石川遼は6打差22位で最終日へ 混戦の首位争いを追う

・ウィルコックス、エミリアーノ・グリージョ(アルゼンチン)、ともに首位タイから後退したキム・ミンフィ(韓国)とマークヘンズビー(オーストラリア)の5人。さらに2打差の8位に、アーノルド・パーマーの孫
2015/07/18バーバゾル選手権

石川遼は20位で決勝へ 今田竜二は予選落ち

◇米国男子◇バーバゾル選手権 2日目◇RTJゴルフトレイル グランドナショナル(アラバマ州)◇7302yd(パー71) 通算9アンダーで首位に並び立ったのは、マークヘンズビー(オーストラリア)と
2014/05/27ヨーロピアンツアー公式

ブリクストとステンソンがマルメで初の凱旋優勝を目指す

。ブリクストは昨年大会でミッコ・イロネンに続く2位に入っており、ステンソンは2005年大会でプレーオフの末、オーストラリアのマークヘンズビーに敗れたほか、04年はスウェーデンの同胞であるピーター・ハンソンに
2014/05/29ヨーロピアンツアー公式

母国での戴冠を狙うステンソン

ステンソンは、この母国の大会では2004年と2005年に2位に入っており、特に後者はオーストラリアのマークヘンズビーが最終日の18番で9メートルのパットを沈め、勝負がプレーオフへと持ち越された末の2位だった
2008/04/26EDSバイロンネルソン選手権

A.スコットが単独首位に!日本勢は明暗分かれる

つ上げ、単独首位で2日目を終えている。 スコットと同じオーストラリアのマークヘンズビーは12位タイからスタート。こちらも3つスコアを伸ばし通算4アンダー。スコット・マッキャロン、マシュー・ゴーギン
2007/10/22フライズエレクトロニクスオープン

M.ウィアが逆転優勝! 丸山大輔は6位タイでフィニッシュ!

を飾った。 多くのプレイヤーが苦戦した最終日。マークヘンズビー(オーストラリア)とともに、首位から1打差の2位タイでスタートしたウィアは、前半を2バーディ、2ボギーのイーブンパーで終える。この時点で
2007/10/21フライズエレクトロニクスオープン

C.ペターソンが単独首位に! 丸山大輔が6位タイで追う!

。この日のベストスコアとなる「64」をマークし、通算13アンダーとして単独首位に踊り出た。 首位から1打差の通算12アンダーで2位タイに並んでいるのは、波の大きなゴルフを続けているマークヘンズビー
2006/08/01スカンジナビアマスターズ

今シーズン好調のR.カールソン、H.ステンソンが飛び出すか!?

首位に並んだ、マークヘンズビー(オーストラリア)と、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)のプレーオフ。その結果、2ホール目で3パットのボギーを叩いたステンソンが敗れ、そこをしっかりとパーをセーブした
2006/03/23マスターズ

2006年版オーガスタナショナルGCの改造内容

は2005年PGAツアー ドライビングディスタンス順位) 2位:クリス・ディマルコ(164位) 3位:ルーク・ドナルド(135位) 5位:マイク・ウィアー(158位) 5位:マークヘンズビー(64位)
2004/07/12ジョンディアクラシック

ヘンズビー、ジョンディアクラシック優勝も「全英は譲る」

-米国ツアー初優勝の実感は沸いてきましたか? マークヘンズビー 「いや、まだまだ実感は沸きませんね。時間がかかるだろうね。ずっと夢だったことが実現してしまったわけだから、信じられないよ」 -厳しい
2005/08/09全米プロゴルフ選手権

メジャー史上最長ホールに選手たちはどう挑む!?

タイガーは今週優勝争いを見せてくれるのだろうか? ジェリー・ケリー 「このコースは二人の為に作られたも同然です」 マークヘンズビー 「二人を倒す為には極端にいいプレーをしないとダメでしょうね。あれだけ飛
2005/07/05ジョンディアクラシック

天才アマ少女、M.ウィが参戦!日本勢では丸山に注目!

スコアを伸ばしたマークヘンズビーとジョン・モーガンがプレーオフへ突入。決着がついたのは2ホール目の16番パー3。ヘンズビーが確実にグリーンを捉えたのに対し、モーガンはグリーンを外してボギー。結局この
2005/07/31スカンジナビアマスターズ

B.ドレッジとB.レーンが首位に!A.スコットは5打差の6位タイ

マークした、マークヘンズビー(オーストラリア)と、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)がつけた。2人とも、ここまでバーディラッシュを続けており、コンディションも万全。逆転優勝へ向けて視界は良好だ