ニュース

国内男子Sansan KBCオーガスタゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

1WはエピックSPEED ビンセントの初優勝ギア

◇国内男子◇Sansan KBCオーガスタゴルフトーナメント 最終日(29日)◇芥屋GC(福岡)◇7210yd(パー72)

スコット・ビンセント(ジンバブエ)が日本ツアー本格参戦3年目で初勝利を挙げた。初日から首位を走る完全優勝。単独首位からスタートした最終日はボギーなしで乗り切り、2位の石川遼の追撃をかわした。

<< 下に続く >>

今シーズンの平均ストロークは「70.45」とツアー全体で9位につける。パーキープ率が87.81%で、金谷拓実(88.45%)に次ぐ2位。安定したショットが武器であり、最近は周辺選手から「飛ぶようになった」とも評判だった。ビンセント本人も1Wショットについて「10ydくらい伸びている」と実感するところ。キャロウェイのエピック SPEEDでドライビングディスタンスは7位の298.92ydをマークしている。シャフトはスイス発のメーカー、TPT製。

ヘッドは4社のギアを組み合わせており、フェアウェイウッドは1本だけ。アイアン型のユーティリティを2本入れている。ミズノ JPX921 TOURは同社契約の男子プロにも人気のモデルだ。

プロ転向直後は南アフリカのサンシャインツアーを主戦場とした。アジアンツアーに出てから共同主幹競技で経験した日本ツアーの予選会を2018年末に通過。「PGAツアーに行くために良い準備ができると思ったから日本ツアーを選んだ」という。目標はPGAツアーでのプレー。「優勝したことによってチャンスが増えるのでワクワクしています。どんどん優勝して世界ランキングのポイントを積み重ねたい」と飛躍を狙う。

<最終日の使用ギア>

ドライバー:キャロウェイ エピック SPEED(8.5度)
シャフト:TPTシャフト
フェアウェイウッド:タイトリスト TSi2 フェアウェイメタル(15度)
ユーティリティ:ダンロップ スリクソン ZXユーティリティ(2番18度、3番20度)
アイアン:ミズノ JPX921 TOUR(4番―9番)
ウェッジ:タイトリスト ボーケイSM8(48度、54度)、タイトリスト ボーケイ プロトタイプ(60度)
パター:オデッセイ オー・ワークス ツアー ダブルワイド
ボール:タイトリスト プロV1x

おすすめ記事通知を受け取る
キャロウェイ
新構造「スピードフレーム」で「2本の柱」の飛びを超えていけ。
発売日:2021/02/19 参考価格: 67,760円
ミズノ
発売日:2020/10/09 参考価格: 125,400円

関連リンク

2021年 Sansan KBCオーガスタゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!