ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

次世代を担うジュニア あこがれの選手を聞いてみた

ちょっと前までなら、若い世代の憧れのプロといえば、疑いなくタイガー・ウッズだった。だが現在、彼はゴルフ人生において最大最長のスランプに陥っている。それでもまだ、タイガーは、ヤングゴルファーたちのアイドルでありつづけているのだろうか。

今回はジュニアの国別対抗戦「トヨタジュニアゴルフワールドカップ2015 Supported by JAL」に参戦している全選手に、好きなゴルファーの名前を挙げてもらった。ちなみに、最年長は18歳で、彼ら彼女らの生まれ年は1997年ということになる。97年といえば、タイガー・ウッズが初めてマスターズを制した年。出場選手の大半は、メジャーを勝ちまくっていた2000年前後のタイガーをほとんど覚えていないということでもある。まずは男子選手の結果から(1人だけが挙げたプロの名前は、ランキングから省いている)

■ 男子(全60選手)

1位 タイガー・ウッズ 15人(25%)
2位 ロリー・マキロイ 11人(18%)
3位 ジョーダン・スピース 6人(10%)
4位 ヘンリック・ステンソン 3人(5%)
5位 ジャスティン・ローズアダム・スコットスティーブ・ストリッカーチェ・キョンジュ松山英樹 2人(3%)

これを見ると、圧倒的とまでは言えないが、まだまだタイガー健在ということになる。だが、女子選手へのアンケートを加えると、状況は変わってくる。

■ 女子(全24選手)

1位 ロリー・マキロイ 7人(29%)
2位 ジョーダン・スピースルーク・ドナルド宮里藍キム・ヒョージュ 2人(8%)

マキロイが多くの票を集めた一方、タイガーは1人だけで、上のランキング選外。男女を足すと、タイガーの16人(男女全体の19%)に対して、マキロイは18人(21%)ということで人気面でも“世代交代”の一端がうかがえる。

実際、日本の塚本岳は「タイガーが全盛期のころはすごく小さかったので、周りでタイガーと言う人はあまりいなくて…今だとマキロイが一番人気という感じです。やっぱり強いし、飛距離もすごいですからね。あとは、アダム・スコットなどでしょうか」と教えてくれた(ちなみに塚本の憧れは宮本勝昌)。

ある海外チームの選手は「いまもタイガーと言う人はいるけれど、ほとんどがマキロイを挙げますね。かわいそうだけど」と、同情の声まで上げていた。なお、ランキングにあるステンソンの3人のうち2人は母国スウェーデンの選手で、チェとキムを挙げた2人も韓国の選手。一方、松山を推した2人は外国の選手だった。

また、ランキングに入ったストリッカーやドナルド以外にも、ジェイソン・ダフナーザック・ジョンソンデビッド・トムズハンター・メイハンなど、技巧派プロの名前も多く挙がっていた。さすがは世界のトップジュニアたちだけに、普通のゴルファーとは見ているところが一味違うということだろうか。

トヨタジュニアゴルフワールドカップ公式サイト

【大会期間中毎日更新】インタビュー&オフショット動画

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~