ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

2人がいたから頑張れた 安田祐香が個人・団体の2冠/トヨタジュニアW杯

2018/06/15 18:22


◇2018トヨタジュニアゴルフワールドカップSupported by JAL 最終日◇中京ゴルフ倶楽部 石野コース(愛知県豊田市)◇男子6843yd(パー71)、女子6130yd(パー72)

3年ぶりの団体優勝を果たした日本女子チーム。最終日は、大会前に仲良し3人組で立てた「3人全員が60台」の目標をついに達成し、2位の韓国に10打差をつける圧勝で喜びを分かち合った。「大きく崩れることのない2人とのチームだから、緊張することなく自分のプレーに集中できた」と話したのは、4日間チームの先陣を切ってスタートした安田祐香(兵庫・滝川第二高3年)。個人戦でも“優勝”を手にし、2冠で大会を終えた。

最終日のスタート前は、「パー5でつまらないボギーを打たないこと」、「ティショットでフェアウェイをキープすること」の2つを、前日までの反省もあって心がけた。「前日よりもドライバーの調子が良かった」と、出だしの1番、4番パー3、5番でバーディを先行。だが、続く6番はこの日最初のパー5。1打目をOBとしダブルボギーをたたき、早くもスタート前の“思惑”が崩れるピンチに直面した。気持ちが切れなかったのは、「2人が頑張っているから」だ。ともに団体戦優勝を目指す2人を想うと、動揺はつかの間で静かに収まっていった。

バックナインの出だし2ホールで連続バーディ。2日目にボギーとした「難しい15番(パー3)」でもバーディを奪い、集中力が一段と増した。最終18番も左ラフからの第2打をピンハイにつけてバーディフィニッシュ。2打差の3位から出た個人戦でも通算10アンダーで韓国選手に並び、個人と団体の2冠を手にした。

ハイレベルな海外選手とプレーし、「ショットの安定性には自信が持てた」という一方で、「ウィークポイントは挙げればキリがない」とも話した。特に課題として挙げたのは、ドライバーの飛距離と精度。「バーディチャンスをもっと増やすには、飛んで曲がらないティショットがマスト」。高校3年生。最後の出場機会をモノにした国際大会で確かな自信とプライドを獲得し、今後のさらなる活躍へ笑顔でイメージを広げた。

トヨタジュニアゴルフワールドカップ公式サイト

【大会期間中毎日更新】インタビュー&オフショット動画

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~