ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

男子はデンマークが初優勝 日本は4位フィニッシュ/トヨタジュニアW杯

◇2018トヨタジュニアゴルフワールドカップSupported by JAL 最終日◇中京ゴルフ倶楽部 石野コース(愛知県豊田市)◇男子6843yd(パー71)、女子6130yd(パー72)

世界各地の予選を勝ち抜いた男子15チーム・女子9チームによるジュニアゴルフの国別対抗戦は15日、最終ラウンドを行った。団体戦男子は、この日だけでスコアを10打伸ばしたデンマークが初優勝を飾った。日本はスコアを伸ばしたものの順位は前日と同じ4位に終わった。個人戦男子はデンマークのラスムス・ホイゲアードが通算16アンダーで制した。

男子団体は、出場4人中上位3人のスコアを採用。デンマークは4人全員が前半を終えた時点でチームスコアを11打伸ばし、前日7打差離れていた首位のスペインを逆転。バックナインは両チームともスコアが伸び悩んだが、最終スコアを通算23アンダーとしたデンマークがスペインに2打差をつけて初優勝を飾った。3位は通算19アンダーのタイが入った。

日本男子は、鈴木晃祐(西武台千葉高3年)が3バーディ、ボギーなしの3アンダー、中島啓太(東京・代々木高3年)が1アンダー、小寺大佑(大阪学院大高2年)が1オーバー、久常涼(岡山県作陽高1年)は2オーバーで、この日のチームスコアは3アンダー。最終日のスコアの伸ばしあいに置いていかれる格好となり、通算11アンダーの4位で競技を終えた。

男子個人は、最終日をトップで迎えたデンマークのラスムス・ホイゲアードが双子の兄ニコライ・ホイゲアードの猛追を振り切り、通算16アンダーで優勝。また、南アフリカのマーティン・ヴォースターが最終日に大会レコード「61」をマークし、通算8アンダーで5位タイに入った。日本勢の最上位は、チーム最年少の15歳・久常で通算6アンダー8位だった。

トヨタジュニアゴルフワールドカップ公式サイト

【大会期間中毎日更新】インタビュー&オフショット動画

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~