ニュース

米国男子WGCキャデラック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 WGCキャデラック選手権
期間:03/06〜03/09 トランプナショナルドラール(フロリダ州)

キーガンがオデッセイのJAILBIRDをテスト

By Jonathan Wall, PGATOUR.COM

キーガン・ブラッドリーは自身のギアを頻繁に替えたりするタイプではない。新しいウェッジやドライバーにスタンプを加えたりはしても、大半のクラブがキャディバッグから変更されるのは稀だ。彼が使うクリーブランドCG7アイアンがリリースされたのは2009年だし、14度の3番ウッド・ランチャーFLは11年。19度のDSTハイブリッドも10年に発売したものだ。

同じことは、ずっと愛用してきたオデッセイのホワイトホットXGセイバートゥースの中尺パターにも当てはまる。慣性モーメントの高い46.75インチの同モデルを使い、ブラッドリーは11年「全米プロゴルフ選手権」を制し、ロングパターを使った史上初のメジャーチャンピオンになった。彼はこれまでも、オデッセイのVERSAセイバートゥースを昨年の「アーノルド・パーマーインビテーショナル」で握ったように、違うモデルを試してはみるが、すぐにエースパターに戻してきた。

今週の「WGCキャデラック選手権」でも、同様のケースが起こるかもしれない。しかし開幕前の時点では、ブラッドリーは今週オデッセイのJAILBIRDの中尺タイプを使う考えのようだ。

オデッセイのツアー担当ジョニー・トンプソンによれば、ブラッドリーは今年の初めにJAILBIRDを一度目にしていたが(同モデルはソニーオープンinハワイの時に公開)、ついに今週トランプナショナルドラールでテストを始めることを決めた。

「彼にこのパターを見せて『中尺モデルも作れる』と伝えたんです。火曜日の朝に手渡し、ずっとテストをしていますね」とトンプソン氏。JAILBIRDはブラッドリーのセイバートゥースよりも高い慣性モーメントを備えているマレット型パター。見た目はVERSAの#7に似ている。大きな違いは、JAILBIRDには#7のヘッドの後方にバーが取り付けられていること。“ダブル・ヴァーサ・テクノロジー”を実現した。

昨年のVERSAは黒と白のラインが3層になっていたが、さらにもう1本ラインが加わって4層となったことにより、プレーヤーが視覚的にフェースアングルとアライメントをより合わせやすくなった。

沢山のパターを試してきたブラッドリーは、火曜日の時点でバッグにこの新モデルを入れ、水曜日の練習グリーンでもテスト(エースパターもバッグに入れていたが)。トンプソン氏いわく、JAILBIRDはブラッドリーのセイバートゥースよりも50グラム軽い350グラムで、重量調整を施している。インサートは同じホワイトホット、ダブルベントのシャフトはこれまでと同じだ。

関連リンク

2014年 WGCキャデラック選手権

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~