ニュース

米国男子クラウンプラザインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

<佐渡充高の選手名鑑 78>ビリー・ホーシェル

■ ショットメーカーのホーシェル、“ホーガンの庭”でどんなプレーを見せる?

会場のコロニアルCCはドッグレッグが多い上、樫やクルミの木の枝がせり出した狭いホールが続き、ホールなりに正確なショットが打てるかどうかが、スコアメイクの鍵を握る。ショットの名手ベン・ホーガンが5勝したことから “ホーガンの庭”と呼ばれ、現在も「ショットメーカーのコース」として知られている。PGAツアーにはショットメーカーの選手は多いが、その中で最も波に乗っている選手を挙げるとすれば、細マッチョのビリー・ホーシェル(26)だろう。4月の「チューリッヒクラシック」で初優勝を挙げ、フェデックスカップランキングでも3位に急浮上。「シェル・ヒューストンオープン」で2位、「バレロテキサスオープン」で3位と絶好調で、いつ優勝しても不思議ではない状態が続いていた。昨年6月の「フェデックス セントジュード クラシック」から、23試合連続予選通過、「ザ・プレーヤーズ選手権」で予選落ちを喫するまでは、現在進行している最長記録だった。平均飛距離、フェアウェイキープ率、パーオン率を総合評価した「ボールストライキング」というランキングは10位。バーディ奪取率1位と大ブレークだ。ホーガンが5勝した1959年から半世紀以上の年月を経て、2013年は26歳のショットメーカー、ホーシェルがどのようなプレーを展開するのか楽しみだ。

■ 挫折、不安を乗り越え会得した「絶対にあきらめない」スピリッツ

勝てそうで勝てない状態から一気にブレークしたビリー・ホーシェル。しかし、初優勝を達成するまでの道のりは苦難の連続だった。フロリダ大学を卒業後、その年の12月にプロ転向を果たすと、年末のQスクールを経て一発合格。翌2010年のPGAツアーへ参加を決めたが、喜びも束の間、左手首の故障で4試合しかプレーできず、出場したすべての試合で予選落ちの結果に終わった。3月に手術をした後は、リハビリに専念したため参戦できず、再びQスクールを受験。その年のQスクールでは27位タイで合格し、2011年は初めてフル参戦できたものの、賞金ランク140位とシード獲得はならなかった。そして再びQスクールを経て、2012年の出場権を獲得したものの、シードは獲得できず。4回目のQスクール挑戦は4位で突破し、今季は実質的に3シーズン目となる。誰にも負けない情熱、自信がありながら跳ね返され続けたホーシェルは、プロ転向の際は「初優勝を飾るまで絶対にあきらめない」と誓っていた。ホーシェルは、ケガが完治した今季、ようやく掴んだこのチャンスに「必勝」の夢をついに実現した。

■ あまりのひたむきさに、先輩、ライバルさえも応援したくなる男

彼は遊びを排除し、すべての時間を練習に費やしゴルフに打ち込んできた。そのひたむきな生き方に、何とか彼を支えなければと、サポーターが次々と現れた。大学の先輩でPGAツアー4勝のクリス・ディマルコは、ホーシェルが大学生の頃から、自身のツアー転戦経験を中心とした実践的なアドバイスを授けてきた。愛弟子のようなホーシェルが、初優勝の際もグリーンサイドで涙を浮かべながら見守り、ハグで喜びを分かち合った。また、大学リーグのライバルだったリッキー・ファウラーも、ホーシェルの優勝に喜びのメッセージを贈った。ホーシェルとファウラーの2人は、同じ2010年にツアーデビューを果たしたが、目を見張る活躍のファウラーに対して、ホーシェルは手術とリハビリを繰り返しての欠場・・・と明暗を分ける船出となった。ホーシェルはファウラーが試合で躍動する姿をテレビ観戦し、悔しい思いとともに再戦を誓い、ファウラーにとって、ライバルの完全復活は、より意欲をかきたてられる嬉しい出来事となった。

■ 友情のキャッチボール

ホーシェルとブラント・スネデカーは同じコーチ、トッド・アンダーソンに師事している。その関係をスネデカーは「師弟を超え家族のようなつき合い」だと言う。昨年8月、アンダーソンの息子で大学生のタッカーが交通事故で重傷を負い、右顔面の運動神経が麻痺する後遺症も残った。タッカーはウェイクフォレスト大学ゴルフ部で活躍する選手で、ホーシェル、スネデカーにとっては弟のような存在だった。退院後も懸命にリハビリに励む彼を励ますために、2人は最高のプレーをしようと誓った。そして今年3月の「ホンダクラシック」2日目、アンダーソンが、歩けるまでに回復した息子タッカーを伴い会場を訪れ、彼らのプレーを観戦した。ホーシェルの妻ブリタニーも付き添い、一緒にホーシェルを応援。ホーシェルはコースに現れたタッカーを見つけ、「こんな奇跡があるなんて!」と感激した。そして互いに「さらに頑張ろう」と誓いあったのである。その直後から、毎試合のように優勝争いというホーシェルの快進撃がはじまった。ホーシェルの初優勝は自身のために、そして大切な人のためにという原動力がもたらした。そして彼の優勝は、タッカーをはじめ、応援してくれたすべての人たちへ大きな喜びをもたらし、友情のキャッチボールとなった。タッカーは今も闘病中で、それがホーシェルの強いモチベーションとなっている。

おすすめ記事通知を受け取る

佐渡充高(さどみつたか)
ゴルフジャーナリスト。1957年生まれ。上智大学卒。大学時代はゴルフ部に所属しキャプテンを務める。3、4年生の時に太平洋クラブマスターズで当時4年連続賞金王に輝いたトム・ワトソンのキャディーを務める。東京中日スポーツ新聞社を経て85年に渡米、ニューヨークを拠点に世界のゴルフを取材。米国ゴルフ記者協会会員、ゴルフマガジン「世界トップ100コース」選考委員会国際評議委員。元世界ゴルフ殿堂選考委員。91年からNHK米ゴルフツアー放送ゴルフ解説者。現在は日本を拠点に世界のゴルフを取材、講演などに飛び回る。

関連リンク

2013年 クラウンプラザインビテーショナル

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!