ニュース

米国男子クラウンプラザインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

ウェッジに泣いたクーチャー

3日目まで単独首位だったマット・クーチャーは、最終日、ウェッジに泣かされた。そして歴代優勝者の名が刻まれているコロニアルCCの“王者の壁”に、自らの名を残すチャンスを逸してしまった。

クラウンプラザインビテーショナルの最終日を1打リードで迎えたマット・クーチャーは、リードを保つことができず1打差の2位に終わり、ブー・ウィークリーに逆転優勝をさらわれた。

<< 下に続く >>

最終日のクーチャーは2アンダーの「68」で回り、優勝したウィークリーはクーチャーを上回る「66」を出した。そして多くのギャラリーは、勝負の行方が決まる18番のアプローチに注目していた。

「最大の誤算は、ウェッジだよ」と、クーチャー。「普段は信頼のおけるパートナーなんだけどね。優勝する絶好のチャンスだったから、いつも通りのアプローチを打ったんだけど、今日に限ってピンに寄らなかったんだ」。

オープニングホール(パー5)から、クーチャーのウェッジはいま一つだった。74ヤードからの第3打を15フィート以内に寄せることができなかった。11番では91ヤードからのアプローチが16フィート、15番の128ヤードからのアプローチも64フィートを残してしまった。

さらに6番の92ヤードからのアプローチでも、ボールはピンから21フィート地点で止まってしまった。

「いつもの僕はアイアンやウェッジを手にするのが待てないくらい得意なんだけど、今日は特にウェッジが全然、ダメだったね」。

相性の良いこのコースで、クーチャーは自身6度目のPGAツアー優勝を狙っていた。そして実際に3日目まで、クーチャーは首位に立ち続けていた。残念ながら2位に終わった今週のラウンドは、この大会7度目の出場でのベスト順位となった。

「4日間ラウンドして、1打及ばず優勝を逃すこと、ましてや自分が好きなこのコースで逆転負けを受け入れるのは簡単なことではないよ」と、クーチャー。「でも(自分のプレーはコントロールできても)、他人のプレーはコントロールできないから仕方がないね」。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 クラウンプラザインビテーショナル

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!