ニュース

米国男子クラウンプラザインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

デイリーラップアップ:クラウンプラザインビテーショナル最終日

クラウンプラザインビテーショナルの最終日、ブー・ウィークリーは13番ホールで、彼の名がトーナメントボードのトップにあることを確認した。

このパー3ホールで、ブーが首位に立っていることを確認したギャラリーは、彼に向かって激しく「ブー!」と叫びながら、ヒーローにエールを送った。

ウィークリーは22フィートのバーディパットを放ち、ボールをコントロールするかの如くパターを高くフォロースルーさせた。そして見事にボールはカップへ沈んだ。彼はカップインの瞬間、クラブを再び高く掲げ、通算14アンダーとして5年ぶりの米国ツアー優勝へ一歩ずつ近づいていった。

「あの時(13番ホールで)自分が首位に立ったことを知ったよ。そしてこのままトップをキープするのか、もう少し攻めてバーディを取りに行くか、どうしようか迷ったね。今日は良すぎるくらいボールが打てていたから、このままリードをキープできると思ったけどね」と、彼は語った。

その言葉どおり、彼はその後5連続パーを決め、ウィークリーはトータル「266」、通算14アンダーとして、2日目、3日目首位のマット・クーチャーを1打差の2位に退けて勝利した。クーチャーの最終日は「68」だった。

ウィークリーはフェデックスカップポイントを500ポイント獲得し、順位を6位に上げた。

2010年、そして昨年もこの大会を制しているザック・ジョンソンは「66」で回り、通算12アンダーで今季初のトップ10フィニッシュの3位に食い込んだ。

ウィークリーの前回の優勝は2007年、2008年共にハーバータウンでのものだ。RBCヘリテージの優勝者同様、今週の優勝者にも格子柄のジャケットが贈られるが、ライダーカップ選手でもある彼は、その差を感じることが難しかったようだ。

「(ジャケットの)違いが判らなかったよ。随分と間が空いてしまったからね」と、世界ランキングを55位に引き上げ、USオープンの出場権を得たウィークリーは語った。

ウィークリーは過去14回出場したこの大会で獲得した通算賞金の合計よりも少し多い110万ドルを手にした。彼は14回の出場で、12回予選を通過し、トップ10フィニッシュは3度だった。郵送した彼は今日、8番から10番まで3連続バーディを決めた。同時にスコット・スターリングスは15番でダブルボギーを叩き、首位争いから陥落してしまった。

自己最高位の2位で今大会を終えたクーチャーは、436ヤードの12番では55フィートの長いバーディパットを決め、13番ホール時点では12アンダーとしていた。クーチャーは首位に1打差と迫り、ガッツポーズを見せた。

ジョンソンは17番で、2ホール連続となる19フィートのバーディを決めて12アンダーとした。

その後、ウィークリーが13番でバーディを奪って2位との差を再び「2」とした。

「今日はいいプレーができたよ。誰が優勝したとしても、チャンピオンに脱帽さ」と、ジョンソン。

スターリングスは「66」の通算11アンダーとし、「68」で回ったジョン・ロリンズ、「69」で回ったマット・エブリーと共に4位タイで終わった。

最終日の最少スコアは、ウェブドットコムツアーから参戦組のフランクリン・コーペニングが記録した「62」だ。彼は地元フォート・ワース出身で、コロニアルで育ったテキサスクリスチャン大学の卒業生だ。彼は通算8アンダー、14位タイに入り、来年のこの大会への出場権を手にした。

クーチャーは、2番ホールのフリンジから11フィートのバーディを決めたが、続くホールでグリーン横のバンカーから2打を要しボギーを叩いてしまった。その後は安定したゴルフでパーを重ね12番で長いバーディパットを決めた。彼はその後、最終ホールで20フィートのバーディパットを決めたものの、1打及ばず自身6度目の2位フィニッシュとなった。

「とても残念だね。この大会も、このコースも、僕は大好きだからさ」と、5度のツアーチャンピオンのクーチャー。「1打差で負けるのはとても悔しいよ。でも他の選手がどうプレーするかはコントロールできないからね」。

優勝したウィークリーは今週も、眼科医の診察を受けている。彼の左目には問題があり、時折出る震えはグリーンのラインを読むのに支障をきたすことがある。

「今日も何度かそうなったよ。突然その症状が現れたり消えたりするんだ。何が起こるかわからないから、まずは地元に戻ってまた診てもらうよ」と、ウィークリー。
ストーリングスはフロントナインを「29」の6アンダーで回り、コースレコードまであと1打と迫っていた。そして15番までは13アンダーで首位に立っていた。しかしフェアウェイバンカーからのショットのあと、残り5ヤードに3打を要してしまい、首位争いから後退した。

彼のチップショットはグリーン横のバンカーのエッジにあたってしまい、ボールはバンカーへ。そして次のショットでバンカーから出すことができなかったのだ。その後、9番で18フィートのバーディパットを決めて12アンダーとしたのだが…。

「あそこ(15番)は勝負を分けるポイントだったね。優勝争いをしている選手がまだ残りホールが多い時は、寄せワンをしっかり決めなくては勝てないね」。

ベン・ホーガンに続き、この大会2度以上の優勝の期待がかかったジョンソンもまた15番で、この日唯一のボギーを叩いてしまった。

1番(548ヤード)の易しいロングホールで、ロングヒッターのウィークリーは、キャディになんだかそわそわするこの気分は良いものだ、と語った。

ウィークリーは1番で22フィートのイーグルチャンスを6インチに寄せ、バーディを奪った。そして3番ではチップインバーディを決めた。5番ではティショットをOBさせボギー、7番(437ヤード)でもボギーを叩いたが、8番で6番アイアンのショットを4フィートにピタリとつけてバーディを奪い、エンジンが掛かった。

「優勝できるかもしれないと思う、あのそわそわした感覚はとても気持ちがいいね」と、ウィークリー。「今日は『80』を叩いてしまう可能性だってあった。でもそうはならなかった。今日は僕の日だったね」。

【ホールインワン】
ボビー・ゲイツは自身初となるホールインワンを13番(194ヤード・パー3)の6番アイアンで決めた。これはクラウンプラザインビテーショナル、コロニアル大会66年の歴史で29度目のホールインワンとなった。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 クラウンプラザインビテーショナル

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。