ニュース

米国男子OHLクラシックatマヤコバの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 OHLクラシックatマヤコバ
期間:11/13〜11/16 場所:エル・カマレオンGC(メキシコ)

実は侮れない? エル・カマレオンGCの13番パー5

By Jeff Shain, PGATOUR.COM

昨季のPGAツアーで、昨年「OHLクラシックatマヤコバ」で56%がバーディ以上だったエル・カマレオンGCの13番パー5よりも、バーディとイーグルの合計数が上回ったのは、わずか11ホールのみだった。

しかし条件が整えば、この短いパー5は少々難易度が増す。それについては、ディフェンディングチャンピオンの声を聞いてみると良いだろう。

<< 下に続く >>

昨年大会覇者のハリス・イングリッシュは大会最少スコアを更新する通算21アンダーをマークしたが、大会初日に自身にとっては初めての13番でダブルボギーを叩かなければ、記録はもっと伸びていたかもしれないのだ。

「木曜の朝にプレーしたけど、その時は風が強かったんだ」とイングリッシュは4打差勝利を飾った後にコメント。「横風が強いと、状況がまったく変わる。しっかりボールを飛ばさないといけないからね」。

実際のところ、直近5大会のうち4人の優勝者は、この13番で少なくともボギー以上を叩かずに4ラウンドを終えることができていない。唯一の例外はジョンソン・ワグナーで、2011年に3つのバーディを獲り、残りはパーという記録を残している。

532ヤードと表示されている13番は、このコースで唯一、ジャングル地帯からスタートし、濃いマングローブで終わるホール。多くの草木が生えているが、風がほぼ毎回のように舞う傾向にある。

左サイドには小さな池が横切り、この池の奥の岸がレイアップするときのカギとなる。またフェアウェイ右サイドもマングローブが側面に立ち、用心が必要だ。

そして、右から攻めるとグリーンへのアプローチの落としどころが狭くなり、グリーン周りのバンカーを気にする必要がある。

2008年のブライアン・ゲイは、この13番ホールを4日間全てバーディとし優勝した唯一のプレーヤーで、昨年のブライアン・スチュアードも同じく全てバーディとしたが、2位に終わりイングリッシュを捉えることはできなかった。

なお、大会を通じて13番で3バーディ、1イーグルの5アンダーを記録したのは全部で7人。そのうちの、ロリー・サバティーニカミロ・ビジェガスケビン・ナキャメロン・ベックマンの4人は昨年大会でこのスコアを出している。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 OHLクラシックatマヤコバ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!