ニュース

米国男子シェル ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 シェル ヒューストンオープン
期間:04/03〜04/06 ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン(テキサス州)

M.クーチャー、K.ブラッドリーらがトップ集団の好発進!

By Sean Martin, PGATOUR.COM Follow @PGATOURSMartin

マット・クーチャーキーガン・ブラッドリーは来週の「マスターズ」に向け調整、そしてJ.B.ホームズは「マスターズ」出場に向け奮闘中だ。彼ら3選手は、「シェルヒューストンオープン」初日を終え3位タイに並んでいる。

クーチャーとブラッドリーはノーボギーで初日を終了。クーチャーは全18ホールでパーオンを記録。フロリダ出身のクーチャーは、先週の「バレロテキサスオープン」に続き2週連続でテキサスでの大会に出場し、テキサスとはゆかりのある数少ない選手の1人でもある。クーチャーはジョージアに居を構えているが、ダラスを拠点とするクリス・オコネルの指導を受けている。

「彼(オコネル)の指導を2週間受けたことで、色々と上手く行き始めた」。こう語ったクーチャーは「バレロテキサスオープン」を4位でフィニッシュ。最終日の9ホールを終えた時点では、スティーブン・ボーディッチと並び首位に立ったが、バックナインで「39」とし失速。ボーディッチがPGAツアー初勝利を飾った。

クーチャーは、「ツアーの良いところは、先週の大会の順位や優勝に関係なく、次の週に再スタートを切れるところ。過去にとらわれ過ぎないようにする必要があるかもしれない。そうすれば毎週フレッシュな気持ちで大会に臨めるからね」と話す。

ブラッドリーはフィル・ミケルソンウェブ・シンプソンと同組でプレー。ミケルソンとシンプソンは初日をノーボギーの「68」でホールアウトした。

ブラッドリーは、「フィルとのプレーは楽しいから好きだよ。彼を負かすのも好きなんだ。彼が自分のベストを引き出してくれるから」とコメントしている。

今大会前に出場した「アーノルド・パーマーインビテーショナル」を2位でフィニッシュしたブラッドリーは、初日ラウンド中15ホールでパーオンに成功。だが、何よりも誇らしげに思ったのは、ミケルソンよりもドライバーで30ヤード長い飛距離を稼いだ瞬間に違いない。

「彼(ミケルソン)は自分のドライバーの飛距離を自慢げに話すから。彼より30ヤード長いショットを打てた時は、フェアウェイ上でくすくす笑わせてもらったよ」。

ホームズが前回「マスターズ」に出場したのは2008年(25位タイ)のこと。今大会とは相性が良く、プレーオフの末にポール・ケーシーに敗れ2位となった2009年を含み、出場した直近3大会でトップ10入賞を果たした。今シーズンは出場した8大会中7大会で予選を通過。「アーノルド・パーマーインビテーショナル」では10位タイの好成績をおさめた。昨シーズンはローラーブレード中に骨折した左足首、そしてテニス肘の手術の影響で、僅か5大会の出場にとどまった。

ホームズは自身の感覚について、「完全復活に近づいていると思う。全てが機能するまで待っている状態だね。今日は上手くいったから、残り3ラウンドでも良い結果を残したい」と語った。

情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 シェル ヒューストンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~