ニュース

米国男子ウェルズファーゴ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

名物17番ホールを巡る物語

By Jeff Shain, PGATOUR.COM Correspondent

クエイルホローの17番ホールのティグラウンドは、「ウェルズファーゴ選手権」専用の場所に設置されていたが、昨年の大会から元の場所に戻された。選手たちにとっては、願いが叶ったこととなる。

だからといって17番ホールがとても易しくなったという話ではない。以前と比較して狙いやすくなった、という話だ。

<< 下に続く >>

この長い17番(パー3)は、クエイルホローで6番目に難しいホールだった。昨年はこの大会でリッキー・ファウラーが3人によるプレーオフを制し、米国ツアー初優勝を達成したが、昨年のこのホールは、前年比で1ラウンドあたりのバーディの数がひとつ増えただけに留まった。その一方で、ボギーの数は前年比で1ラウンドあたり10個も減少。一昨年までのこのホールは、グリーンを狙う角度に問題があったようだ。

「このホールは、狙いすぎるとドツボにはまってしまうんだよ」と、フィル・ミケルソンは昨年の大会を総括した際、17番についてコメントを残した。

ミケルソンはこの17番にとても苦しめられた経験がある。特に2005年は3つのダブルボギーを叩き、4日間の大会を通してこの17番だけで7オーバーを記録した。さらに2009年から2011年までも、毎年このホールで2オーバーを喫していた。

果たして昨年はどうだったのか? 3パー、1バーディという結果だった。

このホールの“スコア良化現象”は、なにもミケルソンに限った話ではない。多くの選手がそれまでのレギュラーティから40ヤードも離れた、さらにグリーンを狙うには角度のあり過ぎる217ヤードの大会特設ティーに、不満を抱えていた。

グリーンの左側は池が張り出していて、それによって3方向からの攻めが難しくなっている。ティショットをショートさせたり、左に曲げれば池につかまり、オーバー気味に攻めると、今度は返しのアプローチが下りラインとなっているのでこれまた厄介なのだ。

ここでは右のフリンジに打ち、そこからの寄せワンでパー狙い、というのが定石となっている。

ビル・ハースは、若い頃からこのクエイルホローを何度も回っているが、トーナメント専用ティーからは一度もプレーしたことがなかった。

「僕はいつも、レギュラーバックティからプレーしていたよ。それが元々このホールのデザインだからね」と、彼は語った。「そこから打てれば、右サイドから攻めるよりも多少はバーディが取り易くなると思うよ」。

昨年から25ヤード短くなったこのホールは、グリーンへの角度も改善され、選手たちの悩みは軽減された。「この改善で、トーナメント全体がエキサイティングな終盤戦を迎えると思うよ。なぜなら、この17番でバーディを決めれば、勢いに乗って最終ホールに入れるからね」と、ロリー・マキロイ(北アイルランド)は言った。

それでもこの17番ホールは、昨年の大会でマキロイが実証したように、まだ厳しさが残っている。昨年、彼は最終日の17番でボギーを叩き、クエイルホローでの2度目の優勝を逃してしまった。ちなみに優勝したファウラーは、4日間ともにパーで凌いだ。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 ウェルズファーゴ選手権

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!