ニュース

米国男子WGCブリヂストン招待の最新ゴルフニュースをお届け

2018年 WGCブリヂストン招待
期間:08/02〜08/05 ファイヤーストーンCC(サウス)(オハイオ州)

小平智と市原弘大 グリーン上で悩める2人

◇世界選手権シリーズ◇WGCブリヂストン招待 3日目(4日)◇ファイヤーストーンCC(オハイオ州)◇7400yd(パー70)

2オーバーの53位タイから出た小平智は3バーディ、4ボギーの「71」で回り、通算3オーバーの61位タイに後退した。ショットの調子をキープしながら、グリーンで苦労が続く。この日は新しくネオマレット型のパターを実戦投入したが、「あまり変わらない」と嘆いた。

ピン型パターを愛用している小平がスイッチしたのはスコッティキャメロン フューチュラシリーズのプロトタイプ。大型ヘッドモデルで1番こそ2m強のパーパットをしぶとくしずめたが、直後の2番(パー5)では2オンから3パットパー。さらに続く3番も2mを外してボギーをたたき、波に乗れなかった。

「毎日、同じようなゴルフをしている。いつも同じ」と憮然とした。問題は「グリーンとの相性だと思う。あまりタッチも合っていない。見た目と打っている感じが違う。思ったところに打っても外れるというのが3日間続いている」。ストローク・ゲインド・パッティングは「-7.339」で71選手中69位と低迷から抜け出せない。

同じ指標で小平を下回っているのが市原弘大だ。3日間「-9.124」は全体70 位。通算15オーバーの最下位(71位)で最終日を迎えることになった。

この日は出だし1番から3mのバーディチャンスを外し、2番(パー5)も2m弱を外してパーが並んだ。3番でバンカーショットの後に1m強のパーパットを決めきれず、流れは最後まで悪いままだった。長尺パターの使い手は「まったく入る気がしない。あしたはエースパターは“お盆休み”にして他のパターでやってみようと思います」とサブモデルを引っ張り出す考えだ。

ちなみに2週前、「全英オープン」が行われたスコットランド・カーヌスティでは新しいパターを買ったとか。現存するゴルフショップとして世界で2番目に古い店舗で、ヒッコリーシャフトの骨董品パターを約150ポンドで購入。「ああいうの、好きなんです。それもありですかね…」と苦笑いした。(オハイオ州アクロン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 WGCブリヂストン招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。