ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全英リコー女子オープン
期間:08/02〜08/05 ロイヤルリザム&セントアンズGC(イングランド)

41年ぶりメジャー制覇へ 比嘉真美子「何があるか分からない」

2018/08/05 06:21


◇海外女子メジャー◇全英リコー女子オープン 3日目(4日)◇ロイヤルリザム&セントアンズGC (イングランド)◇6585yd(パー72)

待ちわびたリンクスでの優勝争いは現実になる。2位から出た比嘉真美子は「71」で回り通算10アンダーの4位で3日目を終えた。トップとは3打差に開いたが、1977年の樋口久子以来となる日本人女子2人目のメジャー制覇に届く位置を守った。

青空が広がり、心地良い風が吹いた。前半4番で15mほどのバーディパットをねじ込み、飛び跳ねるように右拳を握った。世界ランキング8位のミンジー・リー(オーストラリア)と同組で「うまく回れていた」。折り返し時点で3打伸ばした。緊張しなかったというが、終盤に2打失った。最終18番ではグリーン奥からパターで転がしたボールがカップをそれてボギーとし、両膝を折った。

しかし、スコアを提出するとすぐに笑顔を見せた。警戒するポットバンカーを避けるため1Wの使用回数を「5回以下」とし、3日間を通じて1打目をバンカーに入れていない。冷静なマネジメントが快進撃を支える。「この舞台でやれていることが本当に楽しい。あしたは勝負が終盤になる。そのとき上位にいたら、どんな気持ちになってくるんだろう」

幼いころ、男子の全英を含めリンクスコースをテレビで見た。2013年にゴルフの聖地、セントアンドリュースで行われた「全英女子」で7位になった。翌年も出場したが、予選落ちした。「今年は全英出場を目標にしてきた」と思い入れは強く、出場権を得る前から普段試合に帯同しない佐保豊トレーナーに今大会期間の日程を空けるように依頼した。「リンクスでやる全英に戻ってきたかった」。春先に見せた決意の表れだった。

快挙に向けて得たチャンス。「リンクスでは何があるか分からない。比嘉真美子という選手のベストを1打1打で尽くすだけ」。リンクスの風を引き寄せる。(イングランド・リザムセントアンズ/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 全英リコー女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。