ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全英オープン
期間:07/19〜07/22 カーヌスティ(スコットランド)

カーヌスティを見守る 世界で2番目に古いゴルフショップ

2018/07/25 07:15

2018年の「全英オープン」が行われたカーヌスティGLに面したリンクスパレードという通りには、当地をホームコースとし、それぞれが独立するゴルフクラブがいくつも並んでいる。各クラブのハウスが並ぶその中に、カラフルなドーム型の天井を持つ古い店舗がある。「シンプソンゴルフショップ」は現存するゴルフ用品を扱うお店の中で、世界で2番目に古い歴史を持つというグッズショップだ。

屋外にセール品のゴルフウエアを並べていた店の中に入ると、落ち着いたたたずまいの中にところ狭しとゴルフ用品が並んでいる。キャップやベルト、ヘッドカバー、グリーンフォークにボールマーカー。それぞれにもちろん「カーヌスティ」のロゴがあった。奥に進むと、骨董品のような100年ほど前のヒッコリークラブも売られている。1860年に全英の第1回大会を制したウィリー・パークが使っていたパターのレプリカは299ポンド(約4万3720円)。当時の優勝スコアと同じ「174」本の限定品だそうだ。

オープンしたのは1883年。シンプソン一家はゴルフ界では古くから名が知られていた。お店の創始者であるロバート・シンプソンはスコットランド・セントアンドリュースの南、アールズフェリーの出身で、6人きょうだいの5番目。兄のジャック・シンプソンは84年の全英王者。弟のアーチー・シンプソンは2大会で2位に入り、のちに米国でコースデザイナーとして有名になった。

ロバート自身も腕の立つゴルファーであり、クラフトマンであり、そしてコース設計者だった。オールド・トム・モリス(全英オープン4勝)が、今回の全英がまさに行われたカーヌスティのチャンピオンシップコースの改造を1890年ごろにサポートした人物でもある。近隣ゴルフクラブのひとつであるダルハウジーGCに雇われたのをきっかけに、当地に店を出したそうだ。

11年ぶりの全英開催に伴い、ショップは連日盛況だった。女性店員は「いつも午前中はヒマなのよ。ゆっくりお茶を飲んでいるんだけど。だから今週みたいなのは珍しくて」と笑う。“古いこと”だけに胸を張っているわけでもなく、周辺の欧州の国々や米国とも取引がある。最近ではインターネットショッピングにも力を注ぎ、中国との商売も多くなった。ちなみに現存する最古のゴルフショップは、やはり聖地セントアンドリュースにあるという。

古びた天井を見上げると、キャディバッグにつけるネームタグがズラリ。その数は実に2500に及ぶ。コレクションを進めているうちに、各地のゴルファーが持ってきてくれるそうだ。「また来てね。今度は日本のコースのタグを持ってきてくれたらうれしいわ」。当地を訪れる際には、どうかお忘れなく。(スコットランド・カーヌスティ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2018年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。