ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹は25位、石川遼は77位/男子世界ランキング

◎ワールドランキング(2014年度 第13週)

マスターズを2週後に控え、石川遼を含め出場権獲得の世界ランク50位を狙う多くの選手が出場した前週の「バレロテキサスオープン」。優勝してマスターズの招待状を獲得したのはスティーブン・ボーディッチ(オーストラリア)だった。前週まで339位と低迷していたボーディッチは世界ランキングポイント40点と優勝賞金111万6000ドル(約1億1550万円)をゲットし、最新の世界ランクでは134位と大きくジャンプアップした。

これでマスターズに出場するオーストラリア人選手は前年優勝者のアダム・スコットジェイソン・デイを含めて6人(ほかにM.リーシュマン、J.センデン、O.ゴス=アマチュア)となった。

石川は前週のアーノルド・パーマーインビテーショナルで8位タイという好成績でテキサス入りを果たしたが、36ホール時点のカットラインに3打及ばず予選落ち。6年連続のマスターズ出場へ向け、今週の「シェル ヒューストンオープン」でのラストチャンスに賭ける。石川の世界ランクは前週と同じ77位のまま。FEDEXカップランクは27位。マスターズ翌週の「RBCヘリテージ」にはFEDEXランクで出場ができることになっている。

マスターズまで4週間PGAツアーの競技に出場しない松山英樹は前週比1ランクアップの25位。前週25位だったルーク・ドナルドが2ランクダウンの27位に下がり、松山のランクが上がっている。 松山の自己最高ランクは22位(ウェイストマネジメント フェニックスオープン4位終了後)。

日本ツアーの第1戦で、ワンアジアツアーとの共催競技だった「インドネシアPGA選手権」で優勝した松村道央は、世界ランクポイント12点を獲得して前週比59ランクアップし、249位に上昇を果たしている。

順位/選手名/前週の結果/前週比
1位/タイガー・ウッズ(アメリカ)/出場せず/変動なし
2位/アダム・スコット(オーストラリア)/出場せず/変動なし
3位/ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)/出場せず/変動なし
4位/ジェイソン・デイ(オーストラリア)/出場せず/変動なし
5位/フィル・ミケルソン(アメリカ)/バレロテキサスオープン 棄権/変動なし
6位/ジャスティン・ローズ(イングランド)/出場せず/変動なし
7位/ロリー・マキロイ(北アイルランド)/出場せず/変動なし
8位/セルヒオ・ガルシア(スペイン)/出場せず/変動なし
9位/ザック・ジョンソン(アメリカ)/出場せず/1ランクアップ
10位/ダスティン・ジョンソン(アメリカ)/出場せず/1ランクダウン

★ 主な日本人選手は以下の通り

順位/選手名/前週の結果/前週比
25位/松山英樹/出場せず/1ランクアップ
77位/石川遼/バレロテキサスオープン 予落/変動なし
88位/小田孔明/ユーラシアカップ(対象外)/2ランクダウン
102位/片山晋呉/出場せず /4ランクダウン
120位/谷原秀人/ユーラシアカップ(対象外)/2ランクダウン
157位/池田勇太/インドネシアPGA選手権 65位/5ランクダウン
172位/藤本佳則/インドネシアPGA選手権 29位/3ランクダウン
189位/小林正則/インドネシアPGA選手権 予落/1ランクダウン
196位/川村昌弘/インドネシアPGA選手権 17位/5ランクダウン
203位/藤田寛之/インドネシアPGA選手権 41位/11ランクダウン
205位/宮里優作/出場せず/6ランクダウン
228位/薗田峻輔/出場せず/1ランクアップ
232位/山下和宏/ 出場せず/4ランクダウン
249位/松村道央/インドネシアPGA選手権 優勝/59ランクアップ
265位/小平智/インドネシアPGA選手権 29位/12ランクダウン
266位/近藤共弘/出場せず/7ランクダウン
289位/武藤俊憲/インドネシアPGA選手権 17位/4ランクダウン
295位/河野祐輝/インドネシアPGA選手権 17位/4ランクダウン
301位/上井邦浩/インドネシアPGA選手権 17位/9ランクダウン

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~