ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

【2R速報】松山英樹は「67」、通算-9でホールアウト 石川遼は苦戦中

米国アリゾナ州のTPCスコッツデールで開催中の「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」は2日目を迎え、首位に2打差の10位タイで午前組からスタートした松山英樹は初日と同じく6バーディを量産。2ボギーの「67」(パー71設定)と4つ伸ばし、ホールアウト時点で首位に3打差、通算9アンダーで2日目のラウンドを終えた。

1番ティから出た松山は前半から波に乗った。3番(パー5)では3打目をピンそば2メートル弱につけてバーディを先行させると、5番、さらにピンそば1メートルに絡めた6番と連続バーディを奪い流れを築く。9番パー4では、グリーン手前約24ヤードの3打目からチップイン。最終18番はフェアウェイからの2打目をグリーン右手前のバンカーに外しボギーフィニッシュとしたが、好位置で明日からの決勝ラウンドを迎えられそうだ。

一方、初日をイーブンパーの66位タイとした石川遼は現在もプレーを進行中。10番ティから8ホールを消化し、12番(パー3)でトリプルボギーを叩くなど6つ落とす乱調で、125位前後まで後退する苦しい展開が続いている。

関連リンク

2014年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~