ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 マスターズ
期間:04/06〜04/09 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

今日のタイガー/タイガー・チャージ、スタート!トップと3打差の暫定4位タイに!!

マスターズ3日目

タイガー・チャージ、スタート!トップと3打差の暫定4位タイに!! 午後1時30分にスタート予定だったが、午後1時過ぎに雷雨のため競技中断。タイガー・ウッズは4時間以上の中断のため午後5時45分にスタートとなった。3日目のペアリングは世界ランキング3位のレティーフ・グーセン(南アフリカ)と同じ組。夕方の気温は22度から25度。風はほとんど吹いていなかった。

通算1アンダー、10位タイからスタートしたタイガーは日没サスペンデッドとなる午後7時50分までに9ホールを消化。バーディを2個取りスコアは通算3アンダー。順位は暫定4位タイ。明日は現地時間午前8時から第3ラウンドの残りのプレーが再開となる。

1番はドライバーで左のラフ。ピンまで169ヤード地点からの2打目は前方にある木が邪魔になり高いフックボールでグリーンを狙うがボールは右へ。ここからのピッチエンドランの寄せは抜群のタッチでカップの横に止まり、3オン、1パットでパーセーブ。2番のパー5はドライバーでフェアウェイをキープ。2打目はグリーンの手前に運びサンドウェッジでの3打目でピンを狙った。アプローチはピン下の好位置に乗せるがバーディチャンスはカップの左を通り過ぎパー。タイガーはまだこのホールで今週バーディを取れていない。

3番の短いパー4は5番ウッドでティショット。弾道を低めに抑えた球はピンから102ヤード地点。ここからの2打目はピンそばで止まりOKバーディとした。今日初のバーディでスコアは通算2アンダーに。

ピンが少し手前にあり231ヤードという距離だった4番パー3では、3番アイアンで良いショットを放つがグリーン手前にショート。ここからアプローチは寄り切らず5メートルぐらいのパーパットを残したが、うまく沈めてパーセーブ。5番は左ドッグレッグのパー4。3番ウッドで低いドローを試みたタイガーのボールはインサイドコーナーにあるバンカーへ。ここからのショットはグリーン左をガードしているバンカーにつかまってしまう。パーを拾うのが難しいと思われた状況で冷静にバンカーショットをピン横1メートルに寄せて3オン1パットのパーセーブに成功した。

6番の打ち下ろしのパー3は左手前のピンに対して少し右にボールは落ちた。傾斜でボールは手前に戻ってしまいグリーンをこぼれるが、うまくアプローチを寄せてここも1パットのパーを拾い通算2アンダーをキープ。今年から距離が伸びた7番では3番で使った同じような5番ウッドの低い弾道のショットでフェアウェイをキープ。打ち上げの2打目はピンの右へ。激しいアンジュレーションでボールは大きく右へ動いてしまいバーディチャンスは20メートル以上も距離を残してしまう。上りのパットは打ち切れずに3メートルのパーパットを残すが、これをきっちり入れてパー。

チャンスホールとなる8番のパー5でタイガーはしっかりフェアウェイをキープ。246ヤード、打ち上げの2打目はグリーン右に進めて3打目勝負。横からのアプローチは傾斜の影響で寄せるのがとても難しいのだが、タイガーはロブウェッジでスピンの効いた球を放ちピタっと止めたスーパーアプローチを披露。1メートルのバーディパットを入れて通算3アンダーにスコアを伸ばした。

9番ホールでうまくティショットを放った後、日没サスペンデッドのサイレンが鳴ったが、タイガーウッズはこのホールを終了することを選択。ティショットは329ヤードという距離が出ていて2打目は131ヤード。グリーンの左奥に切られていたピンそばにボールは落ちるが、バックスピンと傾斜でボールはグリーンセンターまで戻ってしまう。

バーディチャンスは沈めることはできなかったが、2パットで収めた。3日目は9ホールを消化、2アンダー「34」、通算スコアは3アンダーになっている。

雨の影響でグリーンが軟らかくなり、微風という絶好のコンディションの中、タイガーはうまくチャンスホールでスコアを伸ばし、微妙なパーパットを沈めて良い位置に浮上してきた。昨年、最終日は3ラウンド目10番のフェアウェイからの再開で残り27ホールを消化し、プレーオフの末優勝を飾ったタイガーだが、第3ラウンドの残りでスコアを伸ばし、最終組に食い込めることができるかが鍵となる。チャド・キャンベルは5番から、ティム・クラークは6番のパー3での1メートルのバーディチャンスからの再開となる。

タイガーが上位に来ていることで他の選手がどこまで積極的なゴルフができるのか?やはり影響はかなりあるはずだし、マスターズパトロンもタイガーチャージを期待してタイガーとグーセンの組につき、大歓声で他の組にもバーディやイーグルを知らせてくれることになるだろう。明日も冴えたアプローチやパターを披露できれば第4ラウンドは最終組でのプレーとなる可能性は高い。

明日の天気予報は晴天だが2日目とは違う北東からの風という予報が出ている。グリーンが硬くなれば第4ラウンドは忍耐力が必要となるが優勝ラインは通算6アンダーでプレーオフ、7アンダーで単独優勝と私は読む。予想以上のタイガーの好プレーを期待してサンデーバックナインを観戦したい。

タイガー・ウッズ3日目データ

フェアウェイキープ率:71.4%(7ホール中5ホールでフェアウェイキープ)
【60%(35ホール中21ホールでフェアウェイキープ)】

パーオン率:55.5%(9ホール中5ホールでパーオンに成功)
【60%(45ホール中27ホールでパーオンに成功)】

合計パット数:12パット【69パット】

パーオンしたときの平均パット数:1.60【1.76】

バンカーセーブ率:100%(1回バンカーに入れて1回パーセーブ) 【75%(4回バンカーに入れて3回パーセーブ)】

パー5、2オン:0回2オン成功 【10回で4回2オン成功】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イーグル:0個【1個】
バーディ:2個【8個】
パー:7個【30個】
ボギー:0個【5個】
ダブルボギー:0個【1個】

パー3:イーブンパー【2オーバー】
パー4:1アンダー【2アンダー】
パー5:1アンダー【3アンダー】

0パット:0回【1回】
1パット:5回【20回】
2パット:3回【21回】
3パット:0回【2回】

解説/アンディー和田

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。