ニュース

米国男子WGC アメリカンエキスプレス選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 WGC アメリカンエキスプレス選手権
期間:09/19〜09/22 場所:マウントジュリエットエステート(アイルランド)

「WGC-AMEX選手権」最終日

タイガー・ウッズが、キャリア34度目の優勝をほぼ手中に収めてるように思われた「WGC-AMEX選手権」。しかし実はただの優勝じゃない。キャリア4度目の「完全優勝」となる貴重なもの。さらには1974年のリー・トレビノが打ち立てた記録「72ホール・ノーボギー」もかかっていた。

前半ハーフを(33)で折り返したタイガーはすでに22アンダー。もちろんここまでもボギーはなし。そして10番パー5の残り229ヤードをピンハイのカップ左4メートルにつけイーグル。24アンダーへとスコアを伸ばした。さらに4番パー3では完璧なリズムでショットを放ったあと、球筋を見ただけで満足したのが落下点も確認せずにティーを拾うタイガー。ボールはタイガー満足気なリアクションが納得のいく、ピン横1メートル以内につき、バーディ。タイガーの独走態勢に拍車がかかったかと思われた。

<< 下に続く >>

そのタイガー・チャージに「待った」をかけたのがレティーフ・グーセン。15番16番での連続バーディ、さらに17番ではイーグルを奪いついにタイガーの1打差に迫った。最終18番ではバーディをものに出来なかったものの、この日だけで10アンダーのコースレコードでタイガーにプレッシャーをかける。しかし、追われればその状況を楽しむようにさらに技に冴えを見せるのがタイガー。17番ではバーディを奪い、リードを2打に広げ優勝をほぼ確実にする。

残すは「72ホール・ノーボギー」記録。しかし18番の2打目に事件が起きた。セットアップに入り、集中しているタイガーの脇でシャッター音。これにはタイガーも激怒。「ふざけんな!」とカメラマンを怒鳴りつけた。しかし集中力がそがれたタイガーは2打目をミスショット。3打目でなんとかグリーンを捕らえたが、3メートルばかりのパーパットはカップを外れ、ついにボギーを叩いてしまった。しかしキャリア4度目の「完全優勝」、そして4年連続でシーズン5勝目を挙げた(アーノルド・パーマー:60-63年の4年連続5勝以来の記録)。

◇最終結果
優勝(-25):タイガー・ウッズ(66)
2位(-24):レティーフ・グーセン(62)
3位(-21):ビジェイ・シン(65)
4位タイ(-20):ジェリー・ケリー(66)、デイビッド・トムズ(66)
6位(-19):スコット・マッキャロン(67)
7位(-18):セルヒオ・ガルシア(62)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 WGC アメリカンエキスプレス選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!