ニュース

米国男子ベルサウスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 ベルサウスクラシック
期間:04/03〜04/06 場所:TPC at シュガーローフ(ジョージア州)

B.クレイン「初優勝」記者会見

オレゴン出身の27歳。ベンジャミン・マコリー・クレイン(ベン・クレイン)は昨年の「初優勝者ラッシュ」と打って変わって、今年初めての「ツアー初優勝者」となった。

ベン・クレイン
「爆発的なスコアを出せばチャンスはあると思っていたが、まさか本当に優勝できるなんて。まだ信じられない」

1打の差でギリギリの予選通過を果したクレインだったが、3日目にマークしたキャリア最高スコアの64がゴルフ人生でもっとも素晴らしい結果へのチャンスをつくった。

ベン・クレイン
「ドキドキしてたから最終日誰と回るのか1番ティに行くまで見ないようにしていた。そしたらオーリン・ブラウンとスチュアート・シンクだった。すごく嬉しかった。2人とも最高のプレーヤーで一緒にいて楽しい人たちだから、おかげですごくリラックスできた」

バックナインに入る時点で首位のボブ・ツエーに4打差もあったクレイン。優勝の文字は終盤まで頭に浮かばなかったという。

ベン・クレイン
「リーダーボードは見ないようにしていた。14番でグリーンエッジからバーディを決めたときにギャラリーから、『良くやった!首位がボギーになったからこれで1打差だぞ』って言われた。せっかくリーダーボードみないようにしてたのに」

175センチ、74キロのクレインは決して飛ばし屋ではないが、最終日の18番で見せたドライバーには誰もが度肝を抜かれた。打ち下ろしのティショットでみごと357ヤード。フェアウェイを横切るカート道に跳ねて、坂の1番下まで転がるスーパーショットだった。

ベン・クレイン
「あまりにも下まで転がったからキャディと話してて、『グリーンを狙おう』と決めた。すごくドキドキしてて震えが止まらなかった」

みごと2オンしたクレインはその後、長いイーグルパットを決めてコースレコードに並ぶ63をマーク。決勝ラウンドの通算127は今季の米ツアー最高スコアとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ベルサウスクラシック




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!