ニュース

米国男子ベルサウスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 ベルサウスクラシック
期間:04/03〜04/06 場所:TPC at シュガーローフ(ジョージア州)

ミケルソン「ベルサウスクラシック」初日

第三子誕生で4週間トーナメントから遠ざかっていたフィル・ミケルソン。本人が「腕が錆付いている」と認めるように、初日73の1オーバーと少々出遅れた。

フィル・ミケルソン
「試合中、調子が良くて納得のいくショットが打てるときと、腕の錆付きを感じる時の両方があった。アンダーパーで来ていたのに、あがりの3ホールで3打も落としてしまった。でも復帰第1戦のコースとして挑むには難度が高すぎるコース。グリーンが硬くて早い。ショートゲームもパットも厳しい。自分らしいアグレッシブなプレーはちょっとのミスでも大きな痛手につながってしまう、そんなコースだ」

コメントにあった通り、順調に来ていた7番ホール(ミケルソンにとって16番目のホール)でアグレッシブなプレーが痛いダブルボギーに繋がった。458ヤードのパー4でティショットをピンまで残り115ヤードに運んだミケルソン。そこから完璧なウェッジショットでグリーン奥のエッジ際に落としたが、アグレッシブに出すぎてしまった。

フィル・ミケルソン
「ここのグリーンは悩みどころ。バーディを狙ってアグレッシブに攻めた。たとえ返しのパットが5~6フィートになっても構わないと思って。しかしそこから3パットという痛い結果になってしまった」

痛いダブルボギーの後、8番をパーとしたミケルソンは、最終9番でもティショットをクリークに入れながらも、自慢のショートゲームで何とかボギーで凌いだ。

フィル・ミケルソン
「総合的には悪くない。もちろん上がり3ホールをもっと上手く回っていれば、より良いスコアで初日を終えられていたが。まだ優勝争いから脱落したわけではない。残り3日間で逆転する可能性は残っている」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ベルサウスクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!