ニュース

米国男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権
期間:02/26〜03/02 場所:ラコスタリゾート&スパ(カリフォルニア州)

WGCマッチプレープレビュー

今年で3度目の「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」開催となるラコスタ。以前は30年間「メルセデス選手権」(旧トーナメントofチャンピオンズ)の開催コースだったこともあり、選手には馴染みのコース。しかし様々な要因から、経験は通用しない様子。

ラコスタは週の初めに大雨に見舞われ、9番グリーン手前に池が出来てしまうほどの悪天候となった。

<< 下に続く >>

マイク・シアー(大会ディレクター)
「もちろん池は無くすし、コースコンディションは整える。ただ全体的にグリーンもフェアウェイも柔らかくなるだろう」

ゴルフ界の期待はタイガーとエルスの今季初顔合わせ。しかし期待とは裏腹に可能性は低い。

タイガー・ウッズ
「36ホールのマッチプレーであれば、ランク上位の選手が勝つだろう。皆さんの期待は分かるが、18ホールのマッチプレーでは何が起きても不思議ではない。ストロークプレーならランクが上の選手が有利だが、マッチプレーではランクの上下は関係ない」

過去4年間でも、シード上位選手は優勝していない。優勝した選手で最高位だったのは、世界ランク19位だったダレン・クラーク。ウッズも昨年はピーター・オマリーに破れる番狂わせが起きた。

フィル・ミケルソン
「18ホールのマッチプレーはトランプのようなもの。どっちが勝つかなど分からない。36ホールなどの長丁場なら、きっとランク上位の選手が勝つ」

18番ホールが2オン可能なパー5になった事や、大雨によりコースが柔らかくなった事、さらに今年からコースが延長されている点などから、飛ばし屋が揃うランク上位の選手は順当に1回戦を勝ち抜くと予想されている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!